今巷ではトラックオイルが売れていて、噂では一時ポリッシュオイルの売り上げをも抜いてしまったらしい。

ポリッシュオイルといえばヘアオイル業界の王様のような存在だけど、トラックオイルってそれ以上なの?ちょっと気になってしまいますよね。

トラックオイルには種類が3タイプあって、香りや質感を選べることが注目されているようです。

今回はそれぞれのナンバーでの違いを検証してみます。

トラックオイルの違い

トラックオイルはNo1〜No3まで色や香り質感など、全てが微妙に違っています。

その違いを楽しみつつ選ぶことができるのがトラックオイルの魅力の一つ。

トラックオイル左からNo1>No2>No3

こんな感じで微妙に色が異なります。天然成分が主原料なのでそれぞれの色や香りが違います。

ということで以下でトラックオイルのナンバー毎の違いを解説していきましょう。

トラックオイルNo1

トラックオイルの違いはNo1から数字が小さい方が軽い質感となり、No3と数字が増える毎に重くなっていく特徴があります。

とはいっても数年前まで人気のあったヘアオイルと比べて少し重めになっていて、ポリッシュオイルが使いにくいと感じる人にはおすすめなオイルです。

爽やかなレモンの中にフローラルの香りがするのも特徴です。

髪が少なめの人や細い人にはちょうど良いと感じる人も多いでしょう。

ただし、ウェット感のあるスタイリングを楽しみたい人はNo2以降の方がウェッティに仕上がるようになっていきます。

こんな人におすすめ
  • 髪が少なめ、または細毛の人
  • 金髪などハイダメージのパサつきを抑えたい
  • N.のポリッシュオイルが使いにくい

トラックオイルNo2

トラックオイルNo2は、No1とNo3をブレンドしたようなクオリティです。

匂いもフローラルの奥にレモンのような香りを感じました。

個人的にはNo2が気に入っていて、ウェットな質感を出したいけどポリッシュオイルじゃ重すぎる人におすすめ。

ポリッシュオイルは重い質感なので髪が少ない人や、細毛の人にはおすすめしにくいと思っていたので、その穴を埋めるくらいの実力があるのは嬉しいですね。

こんな人におすすめ
  • ウェッティにしたい髪が少なめ、または細毛の人
  • 金髪などハイダメージのパサつきを抑えたい
  • N.のポリッシュオイルが使いにくい人

トラックオイルNo3

トラックオイルのNo3は質感が重く、N.のポリッシュオイルとも近いといわれています。

フローラル系の金木犀のような優しくて上品な香りがするのが特徴です。

ポリッシュオイルと同様にパーマヘアや癖毛の広がるボリュームを抑えたり、ウェッティな質感にするのに優れています。

金髪やハイダメージの超パサつく髪の毛にもおすすめです。

反対に髪が少ない人や、ボリュームの出ない細毛の人にはあまり向いていないかもしれません。ウェッティな質感を求めない人にも向きません。

こんな人におすすめ
  • ウェッティな質感にしたい
  • 金髪などハイダメージのパサつきを抑えたい
  • N.のポリッシュオイルに飽きてしまった
トラックオイルの違い
  • Noでに香りが異なっている
  • Noの数字が大きくなると質感が重くなる
  • 色も少し違っている

トラックオイルはポリッシュオイルと同じようにサロン専売品となっているので、通販での販売に規制があります。なので通販だと少し高めの価格設定となっていて、美容室で購入した方が安いかもしれません。