最近は美容業界にもポマードを使用する流れもきていて、いくつかのポマードを試しています。

先日、バブロポマードのシリーズであるバブロバームのサンプルをいただいて、結果的にそれがとてもクオリティが高くて感動しました。

ということで以前から気になっていたバブロポマードも試してみたいと思い、今回はバブロポマードの使用感や香りなど、美容師目線でのレビューをしていきたいと思います。

結論から先にいうと、バブロポマードは水溶性のポマードなのでワックスに近いところがあり、ポマードの入門用には適していると思いました。

その理由やオススメするタイプなど、後に解説するのでバブロポマードが気になっていた人は参考にしてください。

バブロポマードとコーム

バブロポマードを使ってみてのレビュー

バブロポマードは見た目もなかなかお洒落な感じで、以前から気になっていた人も多いのではないでしょうか。

ということで早速試してみました。



バブロポマードは水溶性

ポマードって油性のものが多いイメージだけど、バブロポマードは水溶性なのでポマードに対して敷居が高いと感じる人も入りやすいのではないかと思います。

バブロポマードは水溶性でありながら、ポマードの仕上がりを意識した使いやすさが特徴のポマードです。

クレイとストロングホールド

バブロポマードにはクレイとストロングホールドの2種類があり、仕上がりの質感が全然違います。

以下ではその2つの種類の違いや質感などを解説していきます。

ストロングホールドはツヤがあるタイプ

バブロポマードのストロングホールドは少しツヤのあるハードタイプの水溶性ポマードです。

バブロポマードストロングホールド

ポマードって、とにかくツヤツヤになりそうなイメージがあるけど、それはグリースの仕事。

ポマードは程よくツヤがあって、固まりすぎずに毛先までしなやかにホールドしてくれるタイプが多いと思います。

バブロポマードは水溶性なだけあって、油性よりは伸びがよくないけど、しっかりホールドしてくれる仕上がりになります。

香りは柑橘系のウッディな印象。

こんな人におすすめ
  • 今までワックスを使っていたけどポマードにも興味がある人
  • ポマードに興味があるけどベタッとした質感が苦手な人

クレイはマットタイプ

クレイタイプのバブロポマードはツヤのないハードなマットタイプの水溶性ポマードです。

バブロポマードクレイマット

手にとったときはサラリとしていて伸びも良いけど、髪につけていくとそこそこ速乾性があり、ふんわりした印象に仕上がります。

見ためはナチュラルだけどしっかりホールドしてくれて、マットワックスよりもサラサラしたディテールだと思います。

香りは強くないウッディムスク調。

こんな人におすすめ
  • ふんわりしているけどハードなスタイリングを求める人
  • ベタッとした質感が苦手な人

バブロポマードの使い方

次はバブロポマードの使い方の説明をします。

ポマードはワックスと比べてやや多めに手にとるようにして使うと良いと思います。

ナチュラルスタイリングなら少なめ、しっかりスタイリングするときは多めにとりましょう。

手のひら全体にポマードをなじませて、髪の毛全体にも伸ばしていきます。

手だけで仕上げればカジュアルなスタイリングになり、コームを使うとキッチリ仕上がります。

コームも目の粗いコームや目の細かいコームがあり、目が細かいほどカッチリした印象になります。

色はグリーンがお洒落でオススメ。

バブロポマードのシリーズにコームもあるので、しっかりスタイリングしたい人にはオススメです。

バブロポマードの評価

最近のワックスとかポマードって、互いに歩み寄って垣根がなくなりつつあるように感じます。

その結果、バブロポマードはワックスとしてもポマードとしても使える万能なスタイリングアイテムだと思います。

ポマードって香りが強くてギラギラしている製品も多いけど、バブロポマードは香りが強くなく、あまりクセはありません。

「今までワックスを使っていたけど、ポマードを使ってみようかな?」

というような、ポマードの入り口に適した製品だと思います。

ちなみに油性のポマードの記事はこちらでも紹介しているので、気になる人は参考にしてください。

以上、「【BABLO POMADE】バブロポマードの使い方と2つのタイプをレビューしてみた」でした。