みなさん、ヘアバーム使ってますか?

わたしは数年前からヘアバームにハマっていて、いろいろ試してきました。

「体にも使えるわけだから、いい匂いのバームないかな?」

とか思っていたけどなかなか出会うことはできず、そう思っていた矢先、

あまりにも万能なヘアバームがリリースされたので、バーム好きのわたしとしては試さずにはいかない。

ということで今回BABLO BALM(バブロバーム)というオールインワンバームについてレビューしていきます。

結論からいうとこのバブロバーム。かなりひいき目なレビューになってしまいました。

なぜかって、

バブロバームはちょっとヒットしそうなバームだったで、みなさん是非チェックしてみてくださいね。

バブロバームはオールインワンのすごいバームらしい

バブロバームの特徴は、オールインワンタイプのバームであること。

オールインワンって、メイクの下地になるやつではなくて、

とにかくメーカーさんから推奨されている使い方がこれ。

メーカー推奨
  • ワックス
  • ハンドクリーム
  • フェイスオイル
  • リップバーム
  • 練り香水
  • 目元のケア
  • ボディモイスチャークリーム
  • メイク直し
  • ヘアトリートメント
  • ビアードオイル(髭ソリのアフターケア)

全身に使えて、髪にも使えて、香水としても使える……。

だそうです。

ということで早速バブロバーム使ってみました。

バブロバームを使ってみての評価

最初に思ったのは、ヘアバームって女子向けなイメージがビシバシ伝わってきていたけど、バブロバームは男子でも使えるユニセックス感が漂っているところ。

外観はこんな感じで、ちょっとクラシカル。

バブロバームの外箱

中身はこんな見た目。

バブロバームの画像

こんなお洒落なパッケージで、やや高級感がある。

ちなみに内容量は35gです。

N.のナチュラルバームで40gなのでチョイ少なめ。

硬さはN.ほどカチカチではないし、コスメショップのバームほど柔らかくもないテクスチャーです。

バブロバームのテクスチャー

なんだか潤ってるシットリめの質感。

嗅いでみないと伝わらないけど、香りは他のバームにはないこだわりを感じました。

たしかにヘアバームやボディバームって単品な匂いだけど、バブロバームは香水のように意識してブレンドした香りであることがすぐにわかります。

練り香水として

バブロバームでわたし個人も一番気に入っているところは香りが良いことと、練り香水として使えるところ。

ウッディームスクの香りで男性っぽくもあり、匂いの方向としては軽くて爽やかなので女子ウケも狙えそうな香りです。

香りの強さも丁度よく、ほのかに香る程度かと思っていたけど、首のあたりに少しつけただけでも長時間思っていたより持続しました。

もちろん髪につけても長時間香りが持続します。

香る強さもキツすぎなくていい感じでした。

女性って男性よりも香りに敏感で、

「良い匂いがする〜!」

ってときには目をキラキラさせて、まるでイケメンを見るような目になるときがあると思うんです。

バブロバームはそんな場面を連想させる、

「我々ブサメン男子の味方にもなりうる強力な武器なんじゃないだろうか?」

といったポテンシャルを感じます。

わたし個人のことですが、たまにお洒落するときはボディクリームを使っているんだけども、

「ちょっとアイテムが増えて嬉しい」

というのが練り香水の率直な評価でした。

全身に使えるバーム

バブロバームは髪だけでなく全身に使うことができるので、とりあえずカサカサしたところなどに塗り込む使い方ができます。

直接ボディクリームとして使っても良いと思うけど、コスパを考えると髪に使った残りを好きなところに塗る感じがオススメです。

そして、それが程よく香るので、きっと香りさえ気に入れば好きになれるはず。

いろいろ使えるからバッグに一つあると便利です。

ハンドクリームやボディクリームとしての効果は?

サロンのヘアバームをハンドクリームとして使うと、少し固めで守られてる感が強い製品が多いです。

バブロバームはそこまで硬くないので、シットリしつつ守られている感じ。

スーッと染み込む感じでもない、中間の質感です。

シミ込みつつ守る感じ。

いろいろ使うことを想定して使いやすい仕様になっているようです。

メイク直しにも

バブロバームは顔にも使えて、さらにメイク直しにも使えます。

バームって粘性のある油分が主成分なので、アイブローとかアイラインを綿棒につけて拭き取るようにお化粧直しにも使えます。

今はメンズもメイクをする時代になり、

「眉毛はかいている」

「もみあげを偽造している」

という男性諸君にはとくに重宝できると思います。

女子だったらメイクはファンデーションとかで直せるけど、ファンデーションを使わない系の男子にはバブロバームはかなり使えるのではないでしょうか。

バブロバームのワックスとしての性能は?

気になるバブロバームのワックスの性能としてはそんなに固くなく、柔らかすぎずという印象です。

N.やルベルのモイと同じか少し柔らかいくらい。

手に溶けるのは早くても粘性があるので、少しのセット力はあります。

でもハードなヘアスタイルはできません。

ツヤはバームらしい水々しい質感に仕上がります。

というかウェット感はやや強め。

バブロバームの欠点は値段が高いところ。

お値段は約3,000円となってます。

全身に使えていい匂いだからって、使いすぎたらすぐに無くなってしまうのが残念なところなんです。

個人的には、お洒落メンズ達のあいだで流行っているセンターパート系、意識高い系の色っぽい感じのヘアスタイルにはビタッとハマるんじゃないかと思ってます。

こんな人におすすめ
  • オシャレに全身使えるバームがほしい人
  • 良い匂いのヘアバームを探している人
  • センターパートにあうワックスを探している男子

バブロバームはオススメのバームだった

という感じでちょっと褒めちぎってしまった感のある記事になってしまいましたが、それくらいバブロバームは高評価。

後発品だけあってユーザーのニーズを考えられていて商品力もある。

ちょっと高いけど。

香りとユニセックス感で既存の製品と差別化もできるので、美容室で扱ったとしても売りやすいはず。

きっとわたしと同じように感じてくれる人もいると思うので、気になった人はぜひ一度は試して欲しいバームです。

以上、「【BABLO BALM】嬉しい香りの万能バームはこれ!バブロバームがメンズにもヒットしそうな予感」でした。