ヘアバームが良いスタイリング剤であることはわかった!

「ちょっと飽きてきちゃった」

「香りが良いバームを使いたい」

などN.やプロダクト以外のバームにも興味が湧いてしまいますよね?

今までは柑橘系のバームが人気だったから、

柑橘系以外のバームも使ってみたい!

という人は多いのではないでしょうか?

ということで使ってみました。柑橘系じゃないやつを。

なので今回は香りのよいヘアバームにコミットした内容なので参考になれば嬉しいです。



ヘアバームを香りで選ぼう

ヘアバームって髪につけるだけではなく、ハンドクリームなど体にも使えるものだから、色々試したくなってしまいます。

せっかく毎日使うものだから、気に入った匂いのするバームであれば満足感も高まるので、普段の生活も楽しくなるはず。

気に入った香りだからこそ、髪の毛だけでなく肌とかにも使いたくなるし、気分も高まる。

ここで紹介するバームは、従来のバームのようにしっとりセミウェットな質感も表現できて、香りも良い、肌にも使えるバームです。

ということで香りのよい使ったことのあるバームをいくつかレビューしていきます。

ローズドマラケシュ ジェル ド アルガン

プロダクトなどと同じようにコスメキッチンなどでも販売されているので、気になっていた人も多いであろうローズ ド マラケシュのバーム。ジェル ド アルガン。

ローズドマラケシュ ラベンダー

名前の通り、アルガンオイルがベースになっていてハンドクリームなど肌馴染みが良いのが特徴です。写真はラベンダー。

たしかにジェルというだけあって、よくあるバームほど硬くはないかも。

ジェル ド アルガンは高級品です。でも価格はギリ許せる範囲。

だから匂いも高級でした。

フレッシュさのあるラベンダーの香りがしっかり効いていて、使った後の手はほとんどベタつかないのは衝撃的。しっとりサラサラになります。

さすがアルガンオイルの浸透力を感じました。

香りはラベンダーのわりに強すぎないので使いやすいという印象です。

使いやすすぎてすぐに使い果たしてしまいそうなのがデメリットかな。

テクスチャーは柔らかいのでセット力も弱めで、全体的には滑らかな濡れ髪になります。

髪を耳にかけたり、まとめたりするときの後れ毛などまとまりが欲しいときに良いかも。

香りの種類はラベンダー、ローズ、レモンバーベナの3種類から選べます。

柑橘系以外の香りならローズとラベンダーがおすすめ。

ベジガーデン ヘアワックス

次もコスメキッチンでとり扱われている人気のワックスです。

だから美容室ではほとんど販売されていません。

ヘアワックスという括りですが、肌にも使えるし質感はヘアバームです。

写真のはローズの香りで、髪に使うとシットリ感のあるウェットヘアになります。見た目も可愛いですよね。

ベジガーデン ローズ

匂いは優しさのあるダマスクローズで、長時間ほのかに香ってくるから使用感もバツグン。

見た目ほど硬さもないので肌馴染みも良いです。

他にも柚子の香りのワックスもあるけど、そちらはシットリ感は弱め。

香りの印象は上記のローズ ド マラケシュよりは少し強め。でも強すぎないので丁度良いです。個人的には一番おすすめかも。

香りの持続はこの中で1番強いかなと思います。

これも高級品だけど、どこにでもある製品ではないので他の人とかぶりにくいメリットもあります。

ジェミールフラン メルティバターバーム

最後に紹介するのはミルボン ジェミールフラン メルティバターバーム。

名前が長い!けど、なんだかお洒落そうなネーミングだから良し。

ミルボンは美容室で取り扱っている大手の美容メーカーで、とにかく女子ウケはバツグン。

パッケージングや香りなどが女子の心に刺さりまくっているブランドです。

そこからリリースされているメルティバターバームも同様で、香りも良くて、バターのように優しく溶けていく使用感が人気です。

メルティバターバーム

ピオニー系で、甘くてみずみずしい香りが特徴。

時間が経過して残った香りは、ムスクっぽい粉っぽい香りに変化していきます。

手に取った瞬間の香りの強さはこの中では1番強め。

コスパは比較的良いです。

ということでいかがだったでしょう?

今まで10種類くらいのバームを使ったことがありますが、柑橘系以外で香りの良いバームは以上の3種類でした。

ヘアバームにはまだまだ種類があるので、気に入ったものがあればまた追加でアップしていこうと思います。

以上、「ヘアバームを香りで選ぼう!いい匂いがするのはどれ?」でした。