「ジェルの使い方って難しい!」

 

メンズのお客さんからたまにそういった声を耳にします。

 

たしかにワックスのような感覚で髪につけて終わりというわけでもないので、使い慣れないスタイリング剤は使い方を知る必要がありますね。

 

最近は七三分けオールバック風のヘアスタイルが流行っているし、ジェルの使用頻度が増えたので今回はジェルの使い方についての解説をします。

メンズのジェルの使い方。七三オールバック風のスタイリングのやり方やコツとは?

ジェルを使う点で良いところといえば、

 

  • ホールド力がある
  • ツヤが出る
  • ウェットヘアとして使える

 

これらの特徴があります。

 

たしかにワックスとはちょっと違うので、当然使い方も少々違います。

 

以下で基本的な使い方を説明するので、参考にしてくださいね。

基本的なジェルの使い方

スタイリングジェルは、見た目の通り手にとるとブルブルしたジェル状になっています。

 

そのままワックスのように髪につけるだけだと使えなくはないですが、いつの間にか全然違うスタイリングになって固まってしまいます。

 

なので、まず髪に適量のジェルを馴染ませたら先に手を洗い、ドライヤーの弱風をあてながらスタイリングをして乾かして使用してください。

 

ドライヤーをあてるとすぐに固まってくるので、ある程度ホールドしたらそのまま放っておいても固まると思います。不安な人はスプレーも併用すると良いでしょう。

 

量は多ければ多いほどウェッティになる感じです。

ジェルのスタイリングの注意点

ジェルを使う上で注意しなくてはならない点として、ドライヤーで水分を飛ばすだけでなく全体の質感にも注意してください。

 

例えばトップを立たせたいとして、トップだけにジェルをつけてスタイリングしてしまうと、サイドや襟足などの短い髪の毛はドライのままになってしまいます。

 

質感を揃えるために、立たせたり動かしたりしなくても良いところにもジェルを馴染ませて全体の質感のバランスを整えてあげましょう。

ワックスと混ぜて使用する

慣れてきたらジェルとワックスを混ぜて使用することも美容院では推奨しています。

 

ワックスを混ぜた方がツヤが少し薄くなったり、見た目の質感が柔らかくなったりします。

ジェルは見た目の印象がハードになるので、質感はワックスを混ぜるなどして調整しましょう。

ワックスを混ぜた方が固まるということはとくにありません。

おすすめのメンズ用ジェル3選

メンズのジェルのスタイリングがわかったところで、次はおすすめのジェルを紹介していきますね。

 

市販のジェルと、サロン専売のジェルの違いは時間がたった頃の白い粉の出かたに差があると思います。

ロレッタハードゼリー

女子にも人気のロレッタのハードゼリーは、コスパも良く人気です。

 

ジェルらしいツヤとホールド力がちょうど良いという印象で、じっさいにジェルを使っている人に売れています。

 

ジェルはけっこう量を使うので、量と価格は気にしてあげてくださいね。

美容院で買うと一個¥2,000くらいですが、ネットではお手頃価格で手に入ります。

デミ ウェーボ ジュカーラ ジュレジュレ

デミのジュレジュレは、この中では一番ホールド力があってツヤも強いジェルなのでほぼメンズ用として使えます。

 

ハードな質感を好むならこれが良いでしょう。

 

ハードなジェルは時間が経過すると白い粉が浮いてきますが、これはあまりそうなりません。

わたしは先ほどのハードゼリーと、ジュレジュレを使い分けるようにしています。

ロレッタ デビル

ロレッタのデビルシリーズは、見た目が可愛く香りも良いのでそれだけでも人気があります。

 

質感としてはやや柔らかくてツヤが強めなものからハードなものまでラインナップがあります。

 

ただ、容器にこだわりがあるのでコスパはあまり良くありません。

 

部屋にも飾れるしスタイリングもできるという意味ではとても良いと思います。

こちらは少し柔らかめなジェルです。

 

デビルシリーズは人気があるので、ジェルでも数種類ありシャンプーまでラインナップがあります。

 

ジェルに使い慣れたらポマードやグリースなども七三分けオールバック風のスタイリングには最適です。

 

グリースについてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

男を上げるスタイリング剤クールグリースの種類と使い方

以上、「メンズのジェルの使い方。七三オールバック風のスタイリングのやり方やコツとは?」でした。