最近自宅でヘアマニキュアをやる人が増えています。

 

美容室でビビットなカラーリングに染めてもらっても、2~3週間もすると色が落ちてしまったりするので、その合間にセルフでメンテナンスするなど益々需要が増えてきています。

 

たしかに美容室でカラーをするとそれなりに経費がかさみ、派手な色ほど落ちるのも早くてメンテナンスも大変です。

 

もしも自分でヘアマニキュアなどのセルフカラーできればとても楽になるはず。

 

でもヘアマニキュアって自分でやるには難しいし、どのカラー剤を使えば良いのかわからないって人も多いはず。

 

ということで今回はオススメのヘアマニキュアのお話です。

スポンサーリンク





 

ヘアマニキュアのビビット系カラーのおすすめはコレ!

ヘアマニキュアもここ数年で状況が変化して、塩基性カラーも人気があります。

 

ここでは従来のヘアマニキュアや、塩基性カラーなどビビット系の発色が良いものを紹介していきます。

 

ちなみに白髪染め系のヘアマニキュアは完全スルーしていきます。

ヘアマニキュアと塩基性カラーの違い

ヘアマニキュアのチャート

ヘアマニキュアも塩基性カラー(カラートリートメント)もどちらもビビット系の発色に強く、普通のアルカリカラーでは表現しにくい発色に期待できます。

 

基本的には塩基性カラーの方が色落ちが早いと言われていますが、最近では色味の保ちがよくなってきていて、そこまで大きな違いはないとも思われています。

 

大きな違いとして、ヘアマニキュアは皮膚に付着するとしばらく色が落ちませんが、塩基性カラーの方が色が落ちやすいので自分でメンテナンスすることが比較的難しくなくなった点です。

 

塩基性カラーも皮膚に付着しないように塗る必要がありますが、ヘアマニキュアほど気を使う必要がないので、セルフカラーの人気アイテムとして台頭してきました。

ナンバースリー パーフェットカラー

ナンバースリーのパーフェットカラーは従来のヘアマニキュアですが、比較的色味の種類も多くネットでも安価で入手しやすい美容室の専売品です。

 

混ぜて使用しなくて済むのでセルフカラーとしても使いやすいのが特徴です。


ヘアマニキュアなので、顔まわりや頭皮につくととれづらいので細心の注意を払って施術しましょう。

ロコル セラムカラー

ロコルのセラムカラーは塩基性カラートリートメントです。

 

塩基性カラーの中でも保ちが良く、美容室でもヘアマニキュアの代わりに使われるくらい人気です。

 

金髪をペール系に染めるニュアンスラインもあり、微妙な薄い色まで表現できます(かなりトーンを上げる必要がある)。


手触りもヘアマニキュアと比べてなめらかなのでオススメです。

 

オーキッドは別の記事でも実験で染めているので色味などを確認してみてください。

 

ムラシャンにカラートリートメントを混ぜて簡単に染める!

マニックパニック カラークリーム

マニックパニックはアメリカ生まれの塩基性カラーの定番です。

 

色味のバリエーションの豊富さと、インフルエンサーの活躍で評判を呼び、一般ユーザーから美容室まで人気の製品です。


とにかく42種類と色味の種類が多く、とくに混ぜて使う必要もないことから初心者には良いと思います。
色味の保ちはロコルやヘアマニキュアの方が良いかなと思います。

ヘアマニキュアを自分でするには?

ここまで語ったヘアマニキュアですが、顔まわりや頭皮につくと色がとれないのでセルフで染めるのはオススメできません。

 

とはいえ、最近はセルフでヘアカラーをする人も増えてきているので、きちんと準備をしてからやるようにしましょう。

 

ヘアマニキュアのやり方は長くなってしまうのでこちらの記事を参考にすると良いと思います:ヘアマニキュアを自分で染める!事前準備ややり方の話

 

以上、「ヘアマニキュアのビビット系カラーのおすすめはコレ!」でした。

スポンサードリンク