プロダクトのヘアワックスを中心に、今ヘアバームが売れています。

 

ヘアバームは、どことなく今っぽいオシャレな仕上がりやウェットヘアなどにも使える、ヘアワックスとは少し違うオシャレアイテムです。

 

ヘアバームって、巷の女子たちがヘアワックスとして使っているようだけど、オシャレ男子達にも使えるのでしょうか?

 

そんなメンズ達の疑問を解くために、今回は男性を中心としたヘアバームのお話です。

人気のヘアバームをメンズに使用!質感はどんな感じ?

ヘアバームの売りは、キレイなツヤ感と香り、そしてハンドクリームにも使えること。

 

こんな感じでどちらかというと女子向けなイメージのヘアバームですが、メンズに使用するのもアリなんでしょうか?

 

ヘアバームは今までのワックスとは少し質感が違うので、その違いがわかればヘアスタイルの幅が広がるかもしれません。

 

ということで、ヘアバームはどのような男子のヘアスタイルに向いているのでしょう?

メンズ用ワックスとヘアバームの違い

ヘアバームの画像

メンズ用のワックスはハードタイプに需要があるので、トップを立たせたりする短髪を想定した製品がスタンダードです。

 

対してのヘアバームはソフトタイプ。”ツヤ”と”まとまり”に重点がおかれています。

 

なのでどちらかというと女子向けなアイテムと言えるヘアバームですが、ワックスとしての質感にはどことなく今っぽい雰囲気があり、メンズ用としても十分使えます。

 

そして女子たちが愛用するのと同じように、まとまりのあるウェッティな質感にも仕上がるので無視できないワックスです。

 

ヘアバームって何?ワックスとの違いと人気のバーム厳選3つ

 

以下では、ヘアバームが向いていると思う男性のスタイリングについての解説です。

長めの濡れ髪スタイル

メンズのウェットヘアにはジェルなどがオススメですが、長めの髪のソフトな濡れ髪にはヘアバームが使いやすいです。

 

ヘアバームはジェルのようなギラつきがなく、セット力も強くないので、ナチュラルな濡れ髪を目指す長めのレングスの男子には向いているといえます。

 

ボサボサに見えがちなメンズの長い髪でも、毛先にまとまりができて清潔感も感じられるはずだし、他のワックスと質感が違うので同じヘアスタイルでも服装に合わせたスタイリングができるので便利です。

 

反対に、短髪でツンツンするような硬い質感にはあまり向いていないので注意しましょう。

トップに高さのないヘアスタイルに向いている

ヘアバームはトップに高さを出すスタイルには向いていませんが、逆にマッシュなどトップに高さを出さないヘアスタイルには向いています。

 

とくに高明度のブリーチ毛などにはまとまりが出て適度なツヤも表現でき、丸みのあるヘアスタイルや、外ハネなど中性的な髪型にはヘアバームの質感がフィットすると思います。

 

質感はというと、ちょうどyoutubeに長髪お兄さんの動画が上がっていたので埋め込んでおきますね。

ダメージのあるロングでも、適度にツヤとまとまりが出ています。

くせ毛やパーマ毛にも向いている

ヘアバームの特徴である”ツヤ”と”まとまり”が欲しいヘアスタイルといえば、くせ毛やパーマ毛です。

 

ヘアバームを使うことでボリュームを抑えたり、毛先にまとまりを与えることができ、自然な仕上がりになります。

 

ゴワつく髪だったらウェットヘアなどはオイルと併用した方が良いと思います。

濡れ髪(ウェットヘア)スタイリングを自然に魅せるやり方やコツを解説【女子編】

毛先のパサつきがある人はヘアバームを多めに使用するようにしましょう。

メンズにオススメのヘアバーム

ヘアバームは、メンズ用ワックスのようにセット力別で分類されていないので、ハードとかはありません。なのでヘアバームらしい王道な製品をオススメします。

 

ということで、以下では人気のある3つのバームの紹介です。

ザ・プロダクト ヘアワックス

ヘアワックスというネーミングですが、今のバームの人気に火をつけたのがプロダクトのオーガニックヘアワックス。

 

様々な雑誌などのメディアでも紹介されまくっているヘアバームの王様です。

 

爽やかな柑橘系の香りと安心な使い心地はナチュラル派に受けており、ネットで通販すれば比較的安価で入手することができます。


ワックスとして使った後はハンドクリームとして使用できるのもヘアバームの大きな特徴の一つで、ナチュラル派の男性に良いかも。

 

ダメージでボサボサしている髪でもまとまります。

N. ナチュラルバーム

プロダクトのワックス発売以降、ヘアバームというネーミングで有名になったのがN.(エヌドット)のナチュラルバーム。

 

こちらも柑橘系でナチュラルな使い心地のワックス。

 

同じN.シリーズのポリッシュオイルと併用することで、柔らかい印象のウェットヘアも作れるので人気です。


これら上記の2種類がヘアバームの中でも人気の製品です。

 

最後に、個人的にメンズにオススメしたいバームも紹介していきます。

モイ バーム ウォークインフォレスト

上記2つのバームは柑橘系の香りでしたが、こちらは男性らしいウッディ系のグリーンな香りのヘアバームです。

 

ヘアバームはスタイリング力が弱く、どの製品も使い心地に大きな違いはないので、男性が使う場合は香りで選ぶのが今のところはベストだと考えています。


こちらのモイ バームは上記2つと比べて比較的後発品。

 

今までのメンズ用ワックスと比べて、ややツヤがありスタイリング力が弱いのがヘアバームの特徴ですが、独特な仕上がりの風合いが今っぽいので、ナチュラル派のメンズたちにはオススメなワックスです。

 

とにかく、質感が従来のワックスと違うのでヘアスタイルの雰囲気を変えることには役立つでしょう。

ロングをウェットヘアにするならポリッシュオイル

男性でもロングヘアで、それをウェットヘアにして使うならN.のポリッシュオイルがおすすめです。

 

髪の毛を束ねたりしたときのおくれ毛などをエロっぽい雰囲気にするなら、ロングヘアならポリッシュオイルの方がゴワつきません。

 

スタイリング力は全くありませんが、自然で質感だけウェットな感じはこちらの方が色っぽい雰囲気が出ます。

ちゃんとおくれ毛になる部分にも丁寧につけてあげてくださいね。

 

以上、「人気のヘアバームをメンズに使用!やはりウェッティな質感が人気のバーム」でした。