美容室へヘアカラーだけで行こうか迷ってる!

 

そんな人は一度立ち止まってこの記事を読んでみてください。

 

そう。美容室の料金って曖昧に提示されていることが多いのもあって、料金の内訳をわかっていらっしゃらない方が多いです。

 

なので知らない人も多いかもしれないけど美容室でカラーのみの施術をすると割高なことが多いんです。

 

なぜそうなるのか?ということで今回は美容室でヘアカラーのみを施術するときの料金の話。

ヘアカラーのみで美容室へ行くのは実は高いって本当?どうしてそうなるの?

美容室でヘアカラーのみの施術で行くと料金が高いことが多いです。

 

「いつもカット&カラーで美容院へいくと¥9,000くらいだからカラー料金は4~5000円かな?」くらいに思っていると、いざお会計になってみると¥7,000も請求されたりするんです。

 

それは料金の内訳を見ればわかりやすいはず。

カット&カラーの内訳

電卓の画像

例えば、カット&カラーでちょうど¥11,000だったとしましょう。

 

その場合、

カット>¥5,000 カラー>¥6,000

計>¥11,000

 

というような内訳だったりしています。

 

ということはヘアカラーだけの施術で同じ美容室に行ったらお会計は¥6,000って思いますよね?でも支払額の違うお店は多いんです。

カラーのみの内訳

先ほどのヘアカラー料金が¥6,000の美容室にカラーのみで行った場合、

 

ヘアカラー>¥6,000 ブロー>¥2,500

計>¥8,500

 

って料金になっていたりします。なんだかブロー代が加算されていますよね?

ブロー料金が別途かかることも

ブロー料金とは、髪を乾かしてセットする料金のこと。

 

ほとんどの美容院の場合、カットをするとブロー混みの料金ですが、カラーのみの場合はブロー料金が別途かかることが多いんです。

 

格安店など自分で髪を乾かして節約できるブースが設けられていることもありますが、ほとんどのお店の場合は料金を別途請求されるシステムです。

ヘアカラーのみだとなぜ高いのか?

このように美容室へ行ってヘアカラーだけするのがなぜ高いのかというと、施術時間が関係しています。

 

美容室の料金は席に座っている時間が基準になっており、カット&カラーの施術時間はおよそ2時間で終わりますが、カラー&ブローの時間は1時間30分ほど必要です。

 

そのため、カラーのみの来店の場合は施術時間の割に利益が少なくなってしまうのでブロー料金がかかることが多いのです。

 

他にも、パーマはシャンプー込みの料金であるのに対し、トリートメントはブロー料金が別途であることが多いです。

 

「私は髪が濡れていても大丈夫!」ってことで髪がビショビショなままで帰ろうとすると、変な空気になってしまうこともあるので注意したほうが良さそうですね。

カラーをするときはセットで

以上のことから、ヘアカラーやトリートメントをするときはカラーのみではなく、カットやパーマと込みで施術をしたほうが断然お得です。

 

また、お店や担当者によっては融通がきくこともあるので、気になったら聞いてみたりお店に電話してみると良いでしょう。

 

場合によっては担当者と仲良くなったら”カラーのみ”でも安くなるなんてこともありえます。

 

美容院の料金ってばかにならないからちゃんと節約しましょうね。

美容院代の節約術を7つ選んで紹介するよ!

以上、「ヘアカラーのみで美容室へ行くのは実は高いって本当?どうしてそうなるの?」でした。