美容室で外ハネヘアにカットしてもらったけど、家に帰ったら上手くスタイリングできない!

 

ってことはよくありますよね?

 

とくに外ハネヘアは流行っているけどスタイリングを間違ってしまったら単なるボサボサヘアになりかねません。

 

そんなボサボサにならないためにも、スタイリングのコツを抑えておきましょう。

 

ということで、今回は外ハネヘアについてのスタイリングのコツなどのお話。

スポンサーリンク





外ハネのつもりがボサボサに⁈スタイリングをうまくするコツとは?

外ハネヘアは、毛先がボサボサに見えやすいので注意が必要です。

 

自分ではスタイリングしたつもりでも、周囲からは寝癖のように思われがちなのが外ハネの難しいところ。

 

なので少々大げさにスタイリングするのが成功のコツです。

 

つまり「ちゃんとやってるんだゾ!」ってくらいにスタイリングする必要があるのです。

 

ということで以下の3つに気をつけて外ハネヘアを楽しみましょう。

外ハネのイメージ画像

ウェットヘアは有効

最近の流行りからもわかるように、ウェットヘアにするだけで外ハネがボサボサに見えにくくなります。

 

短髪の男性も、ただウェットヘアになっているだけで格好良く見えてしまうのと同じように、上手にウェットヘアにすると手入れが行き届いた雰囲気が出やすいはず。

 

でも外ハネはスタイリング剤の量は多めにつける必要があり、それにはそれでコツや必要なスタイリング剤があります。

 

今っぽい雰囲気が楽しみたいならウェットヘアの外ハネをマスターしてみましょう。

 

ウェットヘアについては他の記事でもっと詳しく解説しているので参考にしてください:濡れ髪(ウェットヘア)を自然に魅せるやり方やコツを解説【女子編】

束感を大事にする

毛先がボサボサになるのは毛先がバラけるのが原因なので、ハネさせたい部分にしっかりスタイリング剤が馴染んでいないといけません。

 

外にハネた髪の毛はとくに人の目を引くので、スタイリング感を出すためにさらに毛先をしっかりつまんでおきましょう。

 

ハネさせたい部分にワックスを付け直してつまんだり、スプレーしたりと束感を出すようにして少し大げさにすると効果的です。毛先をつまむときは毛先の1cmくらい残して、少し中間よりをつまんだ方が尖りすぎることはありません。

 

注意点として、全部の毛先をつまみすぎると逆に嘘くさいスタイリングになってしまうので、やりすぎないようにバランスを大事にしましょう。

 

外ハネの部分が少ないスタイルの場合は全部つまんでも大丈夫です。

毛先は横を向く程度に

外ハネヘアだからといって髪がハネすぎて上を向いてしまうと、ボサボサではなくても古くさい印象に仕上がってしまうことがあります。

 

パーマヘアやくせ毛の人が外ハネにしようとすると毛先が上を向きやすいので、毛先がキュッと横を向く程度の角度に抑えてみましょう。

 

逆に毛先が上を向くくらいに髪が伸びていたら切るタイミングかもしれません。

 

以上、「外ハネのつもりがボサボサに⁈スタイリングをうまくするコツとは?」でした。

スポンサードリンク