「子供の髪を切りたいけど、どうやって切ったらいいの?」

 

子供が小さいと美容室に連れて行ってもおとなしく切らせてくれないことがしばしばあり、3歳くらいまでは家で切ることがほとんどです。

 

ちゃんと座ってくれるようになるまでは家庭で切ることになることが多いと思いますが、失敗したくはないですよね?

 

髪の切り方を説明するととんでもなく長くなってしまいそうなので、今回は子供の前髪の切り方についてのお話です。

スポンサーリンク





プロが教える失敗しない前髪の切り方【子供編】おしゃれに可愛くカットしよう!

子供の髪の毛は大人と比べて細く、また小さい頃は生え揃っていないことがあります。

 

髪が多く生え揃っている子供は大人と同じように切っても大丈夫だと思いますが、生え揃っていない時期は前髪のカットにいくつかのコツがあります。

前髪を切る子供の画像

前髪カットに用意するもの

前髪のカットに準備するものは以下の通りです。

 

  • ハサミ・スキバサミ
  • コーム
  • ケープ
  • ダッカール

 

髪を濡らす霧吹きはとくに必要ないと思います。

基本の前髪はパッツン

小さい子供の前髪はパッツンが基本です。

 

まだ生え揃っていない髪の毛をギザギザにしたり軽い質感にしてしまうと、薄い前髪がさらに薄くなり弱々しい印象に仕上がってしまいがち。

 

デザインは真っ直ぐか、ラウンド(カーブ)、または斜めにするなどできますが、なるべく重めにカットするのがベターです。

前髪のベースは三角形

前髪になる髪の毛のベースは、頭のてっぺんより数センチ前から三角形にとります。

 

幅は黒目の上くらいと美容学校では教えていますが、今はもう少し広めにとっても大丈夫です。ただし広すぎには注意しましょう。

 

こめかみの毛が生え揃っていない子供は、少し広めにとると良いと思います。

ハサミの入れ方

パッツンにするからといってハサミを真横に入れると、ハサミの種類によっては髪の毛が逃げて斜めになることがあります。

 

そんなときは、ハサミを縦に入れて真っ直ぐ切るようにしたほうが切りやすいでしょう。

 

深く縦にハサミを入れるとギザギザになりますが、細く縦に入れることで切れないハサミでも直線やラウンドラインに対応することができます。

 

男の子の場合は、ハサミを縦に深めに入れて少しギザギザにしても大丈夫です。

切り方の手順(動画)

基本的な切る方は以下の動画のような感じです。まずは前髪パッツン。

よりパッツンな仕上がりにするときは、毛束を指で持ち上げずに地肌に直接ハサミを沿わせて切ると重く仕上がります。

 

次はラウンドした前髪です。

持った毛束を少し中央に寄せることで自然と端が長くなっていきます。

 

髪の毛が濡れていると切った後に長さが縮むことがあるので、慣れないうちは乾かしてから切るようにしましょう。

 

スキバサミを使用するときは、やみくもにカットするのではなく毛の量が多いところの髪を持って毛先をすくと失敗しにくいと思います。

 

以上、「プロが教える失敗しない前髪の切り方【子供編】おしゃれに可愛くカットしよう!」でした。

スポンサードリンク