近頃のカラーシャンプーは、その概念が変わりつつあります。

 

染まるか染まらないかわからないほどの着色だったムラシャンから、サロンでカラーしたほどまでに染まるカラーシャンプーが今話題になっています。

 

その最終兵器と言っても過言ではない、スロウのアッシュシャンプーが発売になりました。

 

ということで、早速その気になる色味を実験にて確認してみました。

スポンサーリンク





スロウのカラーシャンプーが発売されたので効果を確かめてみた

先日もN.のムラシャンと比較した記事を書いたので、その中で一番濃い色味だったシュワルツコフのグッバイイエローシャンプーと実験をして比較をしてみます。

 

ムラシャンの比較の記事はコチラを参考にしてください:N.のカラーシャンプーと他3種類のムラシャンの効果を比較してみた

カラーシャンプーの比較実験と準備

いつもの通り効果を比較するためにブリーチした毛束を用意しました。

 

今回試してみる毛束はコレ。

金髪の毛束

ブリーチを4回繰り返した毛束にカラーシャンプーをして、どれくらいの色味が加わるのかをスロウのカラーシャンプーとグッバイイエローで比較します。

 

そして今回使うカラーシャンプーはコレ!スロウのアッシュシャンプー。

スロウシャンプーのボトル

タイトルではカラーシャンプーと書いていますが、ASHという文字が書いてあるようにアッシュという文字が記載されています。

 

スロウのカラーシャンプーを公式サイトで見る

これは前評判が良かったのでずっと気になっていたカラーシャンプーでした。

 

写真では伝わらないかもしれませんが、ちょっと小さめの80ml。

 

テクスチャーはこんな感じ。

スロウカラーシャンプーの形状

めっちゃ濃い色をしています。

 

んで、スロウのカラーシャンプーと、シュワルツコフのグッバイイエローを一回ずつシャンプーして毛束を染めてみます。

カラーシャンプーの比較実験の結果

ということで実験の結果です。スロウのアッシュシャンプーとグッバイイエローシャンプーを比較します。

 

はい!

カラーシャンプーした毛束

左が何もしていない毛束、真ん中はグッバイイエロー、右がスロウカラーシャンプーです。

 

どう見てみてもスロウのカラーシャンプーが一番濃いですね。

 

念のために白バックでも写真を撮りました。

スロウカラーシャンプーの毛束の比較

白バックは写真の露出が下がるので暗く写ります。次はちゃんとしたカメラを使おうかなと思ってますのでお許しください。

 

肉眼で見た乾燥として、グッバイイエローはややマット(グリーン)な色味になりました。

 

スロウのカラーシャンプーは色も濃く、色味は綺麗なアッシュです。今まで使用してきたカラーシャンプーの中では一番濃い色をしています。

 

なので毎日カラーシャンプーしなくても2~3日に1回する程度で良いのかなと思いました。

 

そして金髪まで色を抜かなくても効果が実感できるくらいだと思います。香りも良いし、なんだかカラーの概念が変わってしまう危うさえ感じるくらいの完成度の高さだと感じました。

 

スロウのカラーシャンプーは、ホワイトキープするためのシャンプーというよりも、アッシュをキープするためのシャンプーという位置づけになると思います。

 

容量は少なめですが強力なので、カラーキープには活躍しそうです。

 

スロウのカラーシャンプーは一般消費者でも美容室でも使える、優秀なシャンプーでした。

 

以上、「スロウ(THROW)のカラーシャンプーが発売されたので、効果を比較して確かめてみた」でした。

スポンサードリンク