毎日あたりまえのようにしているシャンプーですが、朝シャンプーするのか、それとも夜にシャンプーするのかで違いがあります。

 

周りの人がみんな朝シャンプーしているからといって、あなたにもそれが合っているとは限りません。

 

朝シャンと夜シャンの違いを知って、どちらが自分に合っているのかあらためてわかるように、今回はその違いなどをまとめてみました。

スポンサーリンク





朝シャンと夜シャンの違い

シャンプーをするタイミングはライフスタイルによって違います。

 

「朝は時間がないから夜に洗う」という人も多いとは思いますが、どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

朝シャンの特徴

朝シャンの特徴は以下の通りで、メリットとデメリットとしてまとめてみました。

シャンプー前の女性の画像

朝シャンのメリット

  • スタイリングがキマリやすい
  • ボリュームが出やすい
  • 生活臭が気にならない

朝シャンのデメリット

  • 時間がかかる
  • 髪のまとまりが悪いことがある(毛先がパサつくなど)
  • 枕が汚れるなどの衛生面が気になる

朝シャン派の人は、清潔感がありスタイリングもキマリやすいのが特徴だと思います。

 

ビジュアルが重視される接客業や、髪のボリュームが潰れやすい人は朝シャンが向いていると言えると思います。

 

関連記事:髪のボリュームの出し方を簡単にするスタイリング剤はコレ!

 

また、夕方には髪が脂っぽく感じる人も朝シャンプーした方が軽減されると思います。

寝る前の汚れが気になったら

朝シャン派の人は、夜寝る前の汚れが気になると思います。

 

「朝シャンもしたいけど、夜も洗いたい!」という人は、寝る前にお湯ですすいで汚れを落とすと効果的です。

 

お湯だけでも8割くらいの汚れは落ちるらしいので試してみると良いでしょう。

夜シャンの特徴

夜シャンは、朝シャンと比べて正反対の特徴があります。

夜シャンのメリット

  • 汚れを落としてスッキリ眠る事ができる
  • 朝に手間がかからない
  • 髪がしっとりまとまりやすい
  • 髪にボリュームが出て困っている人は収まりが良い。

夜シャンのデメリット

  • 寝ぐせがつくことがある
  • フォルムがつぶれやすい
  • パーマが伸びやすい
  • 乾かさないと髪が傷んでしまう

夜にシャンプーをすると、寝ているあいだに脂質が分泌されるので、朝にはそれが髪に馴染んで扱いやすくなります。

 

ただし、ボリュームが損なわれてしまうリスクがあり、髪のボリュームが多い人に向いていると言えます。

 

また、髪が乾燥して悩んでいる人も夜シャンを試してみると良いでしょう。

朝と夜の両方派はデメリットが多い

朝と晩の両方をシャンプーすると、衛生的には良いかもしれませんが髪がパサつきやすくなってしまいます。

 

1日だけならあまり問題ありません。でも毎日朝晩の2回シャンプーをしてしまうと髪がボサボサになり、修復にも時間がかかります。

 

上記でも書いた通り、お湯でほとんどの汚れは落ちるのでどちらかをすすぐだけにして、シャンプーの回数を減らしましょう。

 

関連記事:シャンプーの頻度はどれくらい?毎日するべきなの?

 

以上、「あなたは朝シャン派?それとも夜シャン派?タイミングで違うシャンプーの知識」でした。

スポンサードリンク