美容師をやっていて正直「もうやめたい」とか「自分には合わない」とか思っている人も少なくないのではないでしょうか?

 

私も今まで美容師をやっていて成功するどころか、辞めていった人達の方がたくさんいるように思います。

 

私も「辞めよう」と何度も思いましたが、運良く自分の店をもつまでにいたったのは幸運だったのかもしれません。

 

今の業界から考えて美容師に早い段階で見切りをつけ、他の業種に転職することは悪いことではないと思います。

 

美容師は自分の店をもつか、都市部でトッププレイヤーにでもならない限り将来の不安に悩まされることになるはず。そんな思いをするならサッサと辞めてしまえば良いのです。

 

転職して「やっぱり美容師がいい!」と思えばまた戻ればいいし、「自分は今まで何をやっていたんだろう?」と首をかしげてしまうほど世界が開けてしまう人もいるはずです。

 

ブラック企業で働く人の多くは、時間を奪われるために世界観が狭くなってしまい、自分の置かれている状況が見えなくなってしまうというのは有名な話です。私も独立するためにサロンを辞めた直後に「もっと早く辞めていればよかった」と思ったのが率直な感想でした。

 

そんな自分を見つめ直すためにも、いったん美容師を辞めて転職するという考え方もありではないでしょうか?

 

とうことで前置きが長くなってしまいましたが、今回は美容師から異業種への転職のお話です。

スポンサードリンク







美容師から異業種への転職先って何があるの?成功と失敗を見つめて

美容師が転職する動機の中で代表的な理由は、

 

  • 将来に不安を感じる
  • 環境がブラック
  • 自分に合わない

 

という理由がほとんどです。

 

転職して良かった!」と思うためにはこれらの要素を排除することが大切だと思います。

 

美容師として身につけたスキルを生かしながら働ける職業はどのようなものがあるでしょう?

美容師から異業種の転職って何がある?

転職のイメージ画像

転職先で成功するためには、自分の得意な分野で仕事をすることだと思います。

 

学歴をあまり問わずにそれらを活かせる業種をいくつかピックアップしてみました。

 

  • 増毛・育毛の業界
  • 美容メーカー・ディーラー
  • ブライダル関連
  • 不動産業
  • 営業職

 

上の3つは仕事で培ったスキルや知識を生かしつつ、美容師よりも安定した収入や安定性があると思います。

 

営業職や不動産はあまり学歴も関係なく仕事につけて、人とのコミュニケーション能力が問われるので向いていると判断しました。畑は違いますが、成功すれば高収入も狙えると思います。

 

ちなみに私が美容師の転職先にオススメしない業種は以下の通りです。

美容師が転職してはいけない?職業とは

やめておけ!」と大きな声で言うほどのものでもありませんが、美容師からの転職に向いていないと思う業種は以下の通りです。

 

  • アパレル(販売員)
  • 美容部員
  • 飲食業
  • アイリスト・ネイリスト
  • ホテル

 

上の4つは、美容師から転職しやすいイメージの職業ですが、なぜ勧めないのかというと将来的に今と同じような悩みに突き当る可能性が高いと思うからです。

 

最初は華やかで楽しく仕事ができたとしても、自分が50歳、60歳となっていくうちに収入や仕事の需要の面で感じる不安が残ることは否めないと思います。

 

これらを事業として自分で独立できるイメージがあるなら良いと思いますが、独立できずに年齢を重ねていくうちに、同じように転職の悩みを抱えてしまうことになるかもしれません。

 

私の周りにはこれらの職に就いている知人が何人もいますが、美容師と同じように自分で店舗を経営して波に乗っている人と、独立する目処がたたずに悩んでいる人で二極化しています。

 

それでは転職した意味もそんなになくなってしまいます。

 

ちなみにホテルは、飲食、美容、アパレルの業界からの転職先に人気ですが、あまりにも人の出入りが激しい業界なので客観的に厳しいものだと判断しました。

 

せっかく転職するのだったら、長く安心して働く職場が良いですよね?

美容師をやめる前に考えて欲しいこと

ステップアップのイメージ

「今の仕事が嫌だからとりあえず辞める」という人を見かけますが、それはあまり良いことではないように思います。

 

仕事は不労所得でもない限りずっと続けていくものですから”ステップアップ”が大切です。

 

せっかく今まで培ってきた経験が、転職でゼロになり、そしてまた転職をしてゼロになるようではステップアップ失敗ですよね?

 

なので”次に何をするか?”を決めてから覚悟をもって転職するようにしましょう。

 

最後になりましたが「私なら何をするか?」ともしも聞かれたら、美容師以外ならPCかIT関連の仕事をしたいです。

 

理由はこうしてブログを書いているだけあって、楽しさと可能性を感じるからです。この話の続きはあらためて書いていこうと思っています。

 

以上、「美容師から異業種への転職先って何があるの?成功と失敗を見つめて」のお話でした。

スポンサーリンク