周りの人と話をしていると、職業柄のためか初見の人とは髪型の話になることが多いです。

 

ときには「お洒落で似合ってるな」と思うヘアスタイルの人でも、「格安チェーンの美容室で切ってるよ!」という人がたまにいらっしゃいます。

 

そういう人たちは皆口を揃えるかのように「頼み方じゃないかな?」と言っていたのが印象的でした。

 

その頼み方のコツをまとめつつ自分の意見も交えて、今回は格安美容室での頼み方のお話です。

スポンサーリンク





格安チェーンの美容室でも頼み方次第でどうにかなるという話

激安チェーンの美容室で求められるのはスピードです。

 

そのスピードを意識するあまりにカウンセリングや提案には時間をかけることはありません

 

お客さんに「こんな感じにしてください」とお願いされたら、言われた通りに行動するのが基本です。

 

言われた通りにするのはある意味当たり前のことですが、私などは「こうした方が好みなんじゃないかな?」とか「今っぽい」という理由で提案を交えたカウンセリングを行うことが多いのが普通?だと思います。

 

それが格安ではない美容室との最大の違いといっても良いくらいです。

 

もちろん時間をかけた分の丁寧な技術や接客も大きな違いではありますが、提案を交えたカウンセリングやクロージングでの次回の提案など、期待をもたせつつそれを叶えることがお客様の指名と再来に繋がっていきます。

 

つまり、どちらかというとお客様の指示で動くのではなく、それよりも半歩先回りするのがそれなりの単価の美容室だと思っています。

美容室で髪を切る女性

細かく注文をつけても大丈夫

格安チェーンの美容室に行く場合は、念のためにベースとなる髪型の切り抜きや画像を見せるように心がけましょう。

 

ある程度切り終わって、もし気に入らない部分があれば「もう少しココを切ってください」とか、「ココをすいてください」などと具体的に指示をするとそのように切ってくれるはずです。

 

中には何も言わずに察してくれる上手な美容師さんもいるとは思いますが、そこまで求められていないのが激安店の特徴でもあります。

自己責任であることも忘れずに

前述したように具体的に指示をすると、言った通りにだけ切る担当者もいるので極端な注文をすると大幅にスタイルが変わってしまうかもしれません。

 

あくまでも「もう少し」という修正程度の注文に止めておかないと、終わってから大変なことのも繋がりますので、修正の頼み方には細心の注意をはらいましょう。

当たりハズレが極端なことも

普通の美容室でしっかり下積みをおこなって、それから格安チェーンに所属する美容師も少なくはありません。

 

理由は比較的お給料が良いからです。

 

そのような担当者に巡り会うことができればラッキーですが、ほとんど修行をおこなわずに髪を切っている場合も否定できず、結果的に担当者の当たりとハズレが極端なことがあります。

 

格安美容室で上手な美容師を見つけたら迷わず指名するべきですが、指名をすると指名料をとられてしまうこともあるので事前に確認しておきましょう。

 

美容代は固定費なので、なるべく安いに越したことはありませんよね?

 

以上、「格安チェーンの美容室でも頼み方次第でどうにかなるという話」でした。

スポンサードリンク