ここ最近のヘアカタなどではウェットヘアをよく見かけるようになりました。

 

でも、自然な感じのウェットヘアってやり慣れていないせいか難しいと思う人も多いはず。

 

ワックスやヘアオイルをたくさん塗るとそのような質感にもなりますが、ベタベタになるのは嫌ですよね?

 

ここでいくつかのコツを抑えてウェットヘアのスタイリングを上手になりましょう。

 

ということで今回は自然なウェットヘアをつくるコツやスタイリング剤の解説をしていきます。

濡れ髪(ウェットヘア)スタイリングを自然に魅せるやり方やコツを解説

濡れ髪のスタイリングにはいくつかのコツがあります。

 

重要なポイントとして、髪が濡れているときにスタイリングするか、完全ドライしてからスタイリングするかの違いによって仕上がりが変わるということ。そしてスタイリング剤選びの2点がとても重要です。

 

ということで、そのウェットヘアのコツを一つ一つ解説していきます。

髪が濡れているときのスタイリング

よりウェッティーな仕上がりにするには髪が濡れているときにスタイリングするのが一番効果的

 

半乾きくらいまでドライした髪の毛に、ウェットヘア用のスタイリング剤をつけてスタイリングし、あとはそのまま自然乾燥というのが基本的な流れです。

 

ウェットヘアのデメリットとして、水分やスタイリング剤の重みでトップのボリュームがつぶれやすいので、それを踏まえた仕上がりを目指しましょう。

 

髪が乾いてきたら、あらためて濡らすことでウェットヘアらしい艶髪に戻すこともできるので便利です。

髪が乾いた状態のスタイリング

自然に見える程度の濡れ髪にするなら、ウェットヘア+ワックスの組み合わせでもスタイリングできますが、髪を乾かしてからスタイリングする方がトップのボリュームがつぶれることなく仕上げることができます。

 

スタイリングのやり方は基本通りで、根元付近を避けて適量のスタイリング剤を髪になじませて仕上げます。

 

でもその場合はスタイリング剤が重要になるので、濡れ髪に適したアイテムを選びましょう。

 

結局のところ、上手なウェットヘアにするためにはスタイリング剤選びが重要なんですね。

濡れ髪に適したスタイリング剤は以下の通りです。

濡れ髪のスタイリング剤

濡れ髪に適さないワックスなどでスタイリングすると、かなりの量を消費するだけでなく質感も良くありません。

 

自然に見せるためにも、適したスタイリング剤を選ぶようにしましょう。

N.ポリッシュオイル

今っぽいウェットな質感にするならN.のポリッシュオイルがおすすめ。

 

オイルというと最近ならアウトバストリートメントを連想しますが、ポリッシュオイルは質感重視のスタイリングオイルという印象です。

 

スタイリング力は全くありませんが、ツヤのある自然なウェットヘアにしてくれます。こなれたウェット感を出すならオイルとバームを併用するのがオススメ。

 

使い方も髪が乾いた状態で使用して全然OKなので簡単です。

 

ウェットヘアにするには、たくさんのスタイリング剤を使用するのが基本です。ポリッシュオイルは150mlと多めなのでウェットヘアには嬉しいサイズとなっているので使いやすいですね。


N.のシリーズは見た目も可愛いです。

 

ちなみにこのポリッシュオイルはヘア&ボディ&ハンドクリームとして使用でき、それを固形状にしたのが最近のワックスの主流になっているヘアバームです。

 

ヘアバームもウェットヘア用のワックスとして売り出されている感がありますが、どちらかというとポリッシュオイルの方がウェットヘアにするなら効果的です。

 

とくに、ロングヘアだとバームに頼ってしまうとゴワつくことがあるので、ポリッシュオイルを使えば良い感じのウェットヘアになります。

N.ヘアバーム

最近人気のヘアバームも半乾きの状態から使うと効果的です。

 

乾いた髪だと油っぽくなってしまうこともありますが、半乾きにヘアバームでスタイリングすると水分が残りやすく、乾いたあとも何度も濡らしてウェット状態をキープできるので使いやすいです。

 

ヘアバームについてはこちらの記事で解説しているので参考にしてくださいね。

ヘアバームって何?ワックスとの違いと人気のバーム厳選3つ

 

ウェットヘアを目指すなら、同じN.シリーズのポリッシュオイルと併用すると雰囲気が出やすいと思います。

ロレッタ ハードゼリー

ショートカットの女性や、メンズの濡れ髪にはジェルがオススメ。

 

スタイリング力はこの中で一番強く、ややエッジの効いた仕上がりになります。

 

ロレッタのハードゼリーはコスパが良いので重宝できるはず。

 

スタイリング後はドライヤーで水分を飛ばして使うとスタイルが崩れません。


ハードな質感なのでショート向きなスタイリング剤です。

ロレッタ ツヤツヤムゥ

濡れ髪を目指すならムースは昔から愛用されていて、パーマヘアなど乾燥しやすい髪にはムースが一番なじませやすいので向いていると言えます。

 

ロレッタのムースはツヤの少ないパウダームゥと、艶を重視したツヤツヤムゥとを選べて使いやすく、見た目も可愛いので女子からの人気がとくに高いです。

 

ツヤツヤムゥはややハードな質感ですが、ショートからロングヘアまで幅広く使うことができます。

 

パーマヘアやくせ毛には重宝できるムースです。

ジョンソン ベビーオイル

これはただのベビーオイルですが、実はかなり前から濡れ髪の定番アイテムとして人気があります。しかも安い。

 

ツヤはけっこう出るので、くせ毛やかなり傷んだ髪には良いと思います。

 

スタイリング力はな9、見た目もナチュラルに仕上がります。雑誌などでも人気モデルが使っていたりと万能なのがベビーオイル。

 

ウェットヘアはスタイリング剤の量ををかなり消費するのですが、ベビーオイルはコスパが良いのでガンガン使ってもその辺は気になりません。


コスパは最強の隠れたロングセラーアイテム。

 

仕上がりは少しベタッとするので、軟毛や毛量の少ない人は上記のポリッシュオイルの方がオススメです。

筆者オススメのやり方

最後に、個人的に気に入っているやり方を解説しますね。

 

まず髪が濡れている状態で、ベビーオイルを髪の中間から毛先に向かって多めにベビーオイルを馴染ませます。

 

そのままザックリ髪を乾かして目的のスタイリングに整えます、8分目くらいまで乾いたらN.のヘアバームを同じく多めに中間から毛先に馴染ませます。

 

最後に手に残ったバームを根元付近にワシャワシャと馴染ませて、あとは目的のスタイリングに整えます。

 

根元はつけすぎるとベトついて見えるので、最後の手に残ったスタイリング剤を馴染ませる程度で十分です。

 

お手洗いに行ったときなどにたまに髪にも水分補給するくらいの方がウェット感が持続するでしょう。

 

上手くできない!っと思ったら試してみてください。

 

以上、「濡れ髪(ウェットヘア)を自然に魅せるやり方やコツを解説【女子編】」でした。