髪の毛は傷んでいない方が良いですが、髪の短いメンズにも効果はあるの?

 

たまにメンズのお客様よりそういった質問をされることがあります。

 

実際には洗い流さないトリートメントが必要な男性と必要ではない男性に分かれることがあり、髪質や髪型によって違いがあります。

 

ということで今回は洗い流さないトリートメントメンズ編のお話。

洗い流さないトリートメントはメンズにも必要?

洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の目的は髪の手触りを良くしたり、髪をダメージから守るためのものです。

 

だからといって、とりあえず髪の毛につければ良いというわけではありません

 

アウトバストリートメントには必ず油分などが含まれており、場合によってはそれが適さないことがあります。

 

せっかく使うのだから、自分に合ったアウトバストリートメントを使うべきですよね?

 

まずはアウトバストリートメントの種類から知っておきましょう。

アウトバストリートメントの種類

アウトバストリートメントの種類は以下の通りです。

 

  • オイルタイプのヘアオイル
  • ミルクタイプのヘアミルク
  • ミストタイプのヘアミスト

 

ざっくり分けると3タイプです。

 

それぞれ仕上がりの質感などは違うので以下で説明していきます。

ヘアオイルが適している男子の髪質

アウトバストリートメントが適している男性は、髪のボリュームがありすぎる人や、面のある髪型をしている男性です。

 

ヘアオイルを一言で表現するならしっとりした仕上がりになります。

 

もちろんダメージヘアにも有効なのですが、メンズの場合は髪の毛が短いことがほとんどなので、髪の傷みが気になったとしてもダメージが進みすぎる前にカットしてしまえばどうってことありません。

 

アウトバストリートメントは保湿や皮膜の形成が目的なので髪のボリュームがダウンします。

 

なので髪の毛を立てたりするボリュームのあるヘアスタイルには向いていません。

 

したがって、髪のボリュームがですぎて気になる男性と、マッシュルームカットベースなど表面に面のあるヘアスタイルのツヤ出しやまとまりなどに適しています。

ヘアミルクはパーマや剛毛男子に

ヘアミルクはしっとり、モチモチしたテクスチャーのものが多く、パーマ毛やくせ毛の多毛などパサつきが気になる髪質の男性に向いていると思います。

 

アウトバストリートメントの中でも一番テクスチャーが強いといった印象です。

 

ヘアミルクを一言で表現するとツルッとした仕上がりになります。

 

手触りが良いので、ゴワついた髪質や指通りを良くしたいときなどに最適です。

画像は一番人気のあるミルクタイプのアウトバストリートメントです。

軟毛の場合はミストの方が間違いない

洗い流さないトリートメントの中でもヘアオイルは柔らかくて健康毛の男性にはほぼ必要ありません。

 

軟毛は毛が細いので、油分を補ってしまうと髪の毛が潰れてしまいます。

 

ミストタイプのアウトバストリートメントを一言で表現するとサラサラした仕上がりになります。

 

男性は女性と違ってダウンスタイルではなく、重力に逆らった髪型が多いですよね?

 

そこにヘアオイルをつけると髪が立たなくなったり、額のあたりの髪が割れてハゲっぽく見えてしまうことがあります。

 

ただでさえ、時間の経過とともに頭皮や額の油を吸ってしまって1日が終わる頃には髪が油っぽくなってしまうのが軟毛の特徴ですからヘアオイルは必要ありません。

 

なので軟毛のメンズたちにはハリコシが出やすいミストタイプのアウトバストリートメントが適しています。

画像はメンズ用のワックスでも人気のデューサーのミストです。

 

ミストタイプならボリュームもダウンしないし、フニャッとした毛質でもドライヤーを当てるとしっかりした仕上がりになります。

ハイダメージ毛はしっかりケアしよう

傷んだ髪の毛

軟毛でも硬髪でもアウトバストリートメントが必要な場合はハイダメージ毛です。

 

ハイダメージ毛は得てして毛先がパサつくので、アウトバストリートメトをつけた方が髪の毛がまとまります。

 

パサつきやすいのでヘアオイルの方が潤いを実感できると思います。

 

ただし、ヘアオイルは毛先だけにつけるようにして根元付近はなるべくつかないようにしましょう。

髪が傷んだら禿げるわけではない

たまに、将来ハゲないためにアウトバストリートメントなどで髪を労ろうとする意見を聞きますが、その場合は髪の毛よりも頭皮を労わるべきだと思います。

 

髪の毛は頭皮にある毛根から作られるわけなので、頭皮を健康にすることで丈夫な髪の毛が生えてくるという考え方です。

 

何でもかんでも塗ったくれば良いという訳ではないんですね。

 

関連記事:洗い流さないトリートメント、サロンでも人気の専売アイテム8選

 

以上、「洗い流さないトリートメントはメンズにも必要なの?」でした。