どうやら美容室でも増毛できるようになるらしい。

 

エアリーというネーミングのエクステのことをご存知でしょうか?

 

むかしどこかで見たことがあるようなシステムですが、エクステンション方式で簡単に増毛できるらしい。

 

友人のサロンでも始めたそうなので、今回はエアリーエクステンションのお話。

スポンサーリンク





【エアリーエクステ】ついに美容室が増毛に乗り出した?

アデランスやリーブ21など、増毛や育毛の専門クリニックのようなものは今まで存在していたけども、なぜ美容室にはないんだろう?

 

そう今まで疑問に思っていました。

 

きっとそのようなものがあれば導入したいと思っているサロンも多いはず。

 

で、今回登場したらしい。

エアリーエクステンションとは?

エアリーエクステンションとは、1本の髪の毛に4本まとまった毛髪をくくりつけて髪の毛を増やします。

 

当然、根元が伸びてきたらその分エクステも浮いてしまうわけですが、毛があればリタッチもできるそうです。

 

価格は一本あたり40円なので100本なら4,000円、300本なら12,000円となかなかの高単価。

 

また、カラーリングの種類もあるのでポイントでのメッシュをエアリーエクステで提案することもできます。単価をアップしたい美容室には最適ではないでしょうか?

 

100本程度なら気軽にできそうですね。

性別に関係なく施術できる

エアリーエクステは髪があれば性別は関係ありません。

 

100本程度なら短時間で施術できるので薄毛専門クリニックの敷居が高いと感じている人も、いつもの美容室なら少し気軽に増毛できるのではないでしょうか?

エアリーエクステの資格は?

まずは費用を払ってスクールに参加し、サロンの代表が1日講習を受講します。

 

簡単なのでその後は店ごとにメニューに落とし込むだけ。

 

受講の料金は高めです。

 

もう少しメジャーになったら費用も少し下がるかもしれませんね。

美容師の免許は必要

カットをしたりパーマをかけたりしなくても美容師免許は必要です。

 

ていうか必要だと思います。でも違法ではないようです。

 

今のところ必要ないという謳い文句を見かけますが、美容免許は伝染病や消毒などの必須科目があり、美容免許を持たないものは本当はシャンプーすらも行ってはいけないというのが現状です。

 

グレーっぽい気もしますが、頭皮や髪に器具をあてて施術するので衛生管理などの責任があるはず。そして増毛した後のカットなどはどうするのでしょうか?

 

仕上げにカットをしたりブローで馴染ませたりする必要があるので、まつげエクステなどの延長でやるのはは難しいかも知れません。

 

まつ毛エクステのようにしばらくしてから苦情やトラブルが相次いでしまっては、保健所が入ってくることも考えられます。単価も高いとお客様もムキになりやすいものですし。

 

このような観点から、たとえエアリーエクステの専門店だとしても美容師免許は必要だと思います。

 

とはいえ専門店の場合、店舗に美容師免許を持つスタッフが少しでもいれば大丈夫なような気もしますけど。。

スポンサードリンク