ロングヘアにしていると、寝ているときに邪魔になって気になってしまう!

 

または結んで寝ているけど頭皮が痛い!なんてことはありませんか?

 

ロングヘアの維持は大変だけど、寝るときはやっぱり快適に眠りたいですよね?

 

同じような悩みを抱えているロングヘアの女性は少なくないようで、度々質問を受けることがあります。

 

私はこう寝ている!という方法を今回は集めてみたので是非とも参考にしてください。

スポンサーリンク





ロングヘアの女性は寝るときどうする?髪型や結び方の話

寝返りをうつときに髪が絡まって起きてしまったり、縛った髪の根元が痛くなったり、または髪が首元にまとわりついて暑くて寝られなかったり。

 

ロングヘアっていろいろと大変。。邪魔になるときってありますよね?

 

せめて寝るときくらいは快適に眠りたいものです。

 

ロングヘアの女性たちの寝るときの髪型や結び方などを下記で紹介していきます。

髪を枕の向こうへ放り出す

一番邪魔にならないと言われている方法がコレ。

ロングヘアの女性

写真のように長い髪を枕の向こうへ放り出して寝るスタイル。

 

平安時代の女性たちも同じようなやり方で寝ていたそうです。

 

ただし、端から見るとベッドから垂れた長い髪がホラー映画のワンシーンのようで怖いという意見もあるようですが、一番手間もかからず簡単な方法。

軽く三つ編みにする

三つ編みにして寝るというのもなかなかメジャーな髪型です。

 

次の日の朝に軽く毛先をアイロンで巻けば、簡単なパーマヘアに変身もできるので気分転換のときには楽ちん。

 

一つにまとめたり、サイドで邪魔にならないようにおさげにしたり寝やすい方法で編んでしまいましょう。

 

きつく編むと根元が痛くなってしまうこともあるので、ゆるく編むのがコツです。

ゆるくまとめる

2番目に多いのが、髪を1つか2つに簡単に束ねてしまう方法。

 

ポイントは、これも根元まできつく縛らずに少し下でまとめること。

 

毛先もゆるく1束を2箇所でまとめておくと毛先が邪魔にならず快適に眠ることができます。

頭のてっぺんでまとめる

頭の後ろの方でまとめると邪魔になると感じたら、頭のてっぺんでまとめることもオススメです。

 

お団子にしたりそのまま一つにまとめてもオッケー。

 

ただしキツく縛ると根元が痛くなってしまうので、やや緩めにまとめておきましょう。

丸首のパジャマで寝る

襟のあるパジャマで寝るとき、襟と首の間に髪が挟まってまとわりつく!という意見もあり暑い日には寝られないということもあるようです。

 

そのときは丸首のシャツなど襟に隙間のできない服装で寝ると良いようです。

 

これで少しは涼しく感じることができるのではないでしょうか?

髪の毛は乾かしてから寝よう!

最後になりましたが、髪の毛は乾かしてから寝るように心がけましょう。

 

ここまで紹介してきた寝るときの方法も、髪が乾いているか濡れているかで結果が全然変わってくるどころか、摩擦で髪がダメージしてしまうこともあります。

 

なので寝る前に髪をドライするのは鉄則です。半乾きでも効果はよろしくありません。完全ドライしてから寝るようにしましょう。

 

以上、「ロングヘアの女性は寝るときどうする?髪型や結び方の話」でした。

スポンサードリンク