以前このブログで書いた阪本高生堂のクールグリースに新しいラインナップが追加されました!

 

クールグリースはお手頃価格で入手しやすく、初心者でも使いやすいグリースなのでとくに男性のバーバー系スタイルにはオススメしたいスタイリング剤です。

 

そのクールグリースから今回は新しく追加されたクールグリースCとVがなかなか良かったので記事にしてみました。

クールグリースのラインナップにCとVが登場!

クールグリースにはすでに15種類のラインナップが存在していましたが、今回のCとVはどの位置付けになっているのかというと、

 

こちらの写真がクールグリースの現在の種類とマップです。

コールグリースの種類とマップ

画像が悪くてすみません。クールグリースCは右上、Vは右の真ん中あたりに位置付いています。

 

  • クールグリースC - グロッシーで硬め
  • クールグリースV - グロッシーで滑らか

 

という感じです。見てわかる通り、今回のCとVは少し内容量が少なめで通常のサイズの210gに対して120gとなっています。

現在はもっと小さいサイズもあるようです。見た目はコレ。

クールグリースCとV

小さめにはなったけど、どちらも香りが良いと個人的には気に入っています。

 

コンパクトになったので持ち運べるサイズですね。

 

以下で今回追加された二つのグリースの解説をします。

クールグリースC

クールグリースのCはココナッツのCで、ココナッツの甘い香りがします。

 

使用感はマップにもあった通り強め。クックグリースよりもガチっとしています。

ツヤはやや強いという印象でした。ツヤ感重視ですね。

 

ツヤ系で硬めのクックグリースも使いやすいのですが、香りがパイナップルなのでちょっと微妙に感じていたところでしたので、個人的にはクールグリースCの方が大人っぽくて好きです。

 

質感としてもギラつきすぎないところがちょうどいい感じかなと思うし、新しいだけに考えられた位置付けですね。

なかなか良い。


これなら、今までクールグリースcにワックスや他のグリースを混ぜて使っていた人でも、ちょうど良いと思う人もいると思います。

クールグリースV

こちらのVはバニラの香り。CもVもどちらも甘い香りでした。

 

これもマップではココナッツの下に位置付いている通り、ココナッツを少しだけ緩くした使用感です。滑らかな印象ですね。

 

しっかりしているけど、ややしなやかにセットしたいならVかなと思います。軟毛の人には向いていると思います。


どちらも今までのクールグリースの中では少しだけ大人っぽくなった感じがするので、年齢層の幅が広がりそうな予感です。

 

クックグリースをずっと使い続けてきた人は一度は試してみる価値のあるグリースです。

クールグリースの種類や使い方

クールグリースは種類が16種類あり、今回追加されたのが2つなので18種類になりました。

 

使い方などそれらを含めて記事をかくと長くなってしまうので、他の記事で紹介しています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

グリースやポマードの入り口として良いと思います。

男を上げるスタイリング剤クールグリースの種類と使い方

 

以上、「クールグリースのラインナップにCとVが追加!今作は甘く大人っぽい香りが魅力」でした。