最近になって髪の毛の色が急に色落ちしたように感じることはありませんか?

 

それはもしかしたら髪の毛の日焼けのせいかもしれません。

 

紫外線の強い日に外にいる時間が長ければ、ちょっと心当たりがありますよね?とくに夏になるとそう感じることは多いはず。

 

今回はそんな髪の日焼けが気になる人に、紫外線による髪や頭皮への影響や対策などの話です。

スポンサーリンク





髪や頭皮が日焼けで茶色くなった?夏の髪の毛の色落ちの話

髪の毛は最初から黒い色をしているので「日焼けするの?」という疑問を持つのは自然な話ですよね。

 

肌の日焼けは黒くなっていきますが、髪の毛の日焼けは髪が少し茶色くなります。

 

髪の毛だけでなく、家具や本など日に当たっただけで色落ちしていくなっていくものはたくさんあるので自然なことかもしれません。

 

でも、髪の毛は日焼けで傷んでしまうのでできるだけ防止できるにこしたことはありません。

 

髪の日焼け止めの対策はこちらの記事で書いているので参考にしてください:髪に日焼け止めは必要なの?紫外線ダメージと対策

頭皮も日焼けしているはず

髪の毛が紫外線を浴びているかどうかは、頭皮のツムジ付近を見てもらうとわかるはず。

 

健康な頭皮は青白いので、周りに比べてツムジなどの日に当たりやすい部分だけが茶色くなっていたら日焼けが原因で髪の毛が明るくなっているのだと思います。

 

頭皮が日焼けしてしまった場合は、乾燥して粉のようなフケが出ることもあるのでアルガンオイルなどで保湿してあげると効果的です。

髪の毛は頭皮を守るためにある

そもそも髪の毛は頭皮を守るためにあるので、物理的に守るだけでなく紫外線からも守ってくれているというわけです。

 

なので表面が明るくて、中に行けばいくほど髪が黒く残っていきます。

 

表面が茶色くて中が黒くなっていくのは見た目のバランスで考えると悪いことではないのですが、日焼けで茶色くなった髪は赤くなったり黄色く色が抜けていくので見窄らしくなってしまいがち。

 

気になる人は色が抜けてしまったらヘアカラーをしたり、そもそも色が抜けていかないように日焼け止めなどでケアしてあげましょう。

 

日焼け対策の記事:髪に日焼け止めは必要なの?紫外線ダメージと対策

飲む日焼け止めは効かない

巷では”飲む日焼け止め”という薬品も販売されていて、飲んだことがないので日焼けにどれくらいの効果があるのかはわかりませんが、こと髪に関しては一切の効力を発揮しません。

 

髪の毛は細胞が生きていないので代謝が行われないため、内側からの日焼け対策というものは意味をなさないので注意しましょう。

 

どちらかというとオイルなどがオススメです。

スポンサードリンク