街で見かける素敵なショートカット。

 

ショートカットは全体をスッキリ見せたり、頭の形に立体感を与えてくれる髪型です。

 

でもスタイリングが難しい!と感じている人も少なくないのではないでしょうか?

 

ワックスをつけてワシャワシャやるだけで綺麗にセットがキマってくれる人もいますが、中には「セットが崩れやすい!」「上手くできない!」と悩んでいる人のために、ショートカットのスタイリングを簡単にできるスタイリング剤について解説していきます。

スポンサーリンク





ショートカットのセットを簡単に!

女性も男性もショートカットにすると、根元の立ち上がりが重要になってきます。

 

本当はつけたくないのに根元に分け目が入ってしまったり、せっかく立ち上げた根元がすぐに潰れてしまうこともしばしば。。なんてことはありませんか?

 

日本人は欧米人などと比べてもハチといわれる部分が出ているので、トップにボリュームがなくなると丸いはずの頭が四角くなってバランスが悪くなってしまいます。

 

それを防ぐためにはキチンと根元を自然に立ち上げてスタイリングできなくてはなりません。

モヒカンラインに自然な立ち上がりをつける

ハチは頭の左右の角にあたる部分なので、モヒカンラインに自然な立ち上がりをつけると髪が左右に振られて動きが出やすくなるだけでなく、骨格を補正して見せることができるようになります。

 

メンズで前髪も立ち上げたいときはドライヤーで事前に根元から立ち上げておきましょう。

 

ドライヤーの時点で目的のヘアスタイルの形に近づけておくとスタイリングが長持ちします。

 

また、下記で根元のボリュームを劇的に立ち上げやすくするスタイリング剤も紹介しておくので、ボリュームが出にくい人にはかなり役立つはずです。

テクスチャライジング シースプレー

ポールミッチェルのテクスチャライジング シースプレーはボリュームを出したい根元にスプレーして、ドライヤーで乾かすだけで適度なボリュームを再現してくれます。

 

ドライヤーが必須なので手間ですが、いざというときに重宝できる優れもの。乾かすときには指で頭皮を軽くこするように左右に振りながら乾かすとボリュームが出てくるはずです。

 

その後、ワックスやジェル、ムースなどメインのスタイリング剤を使って仕上げをしましょう。

 

スタイリング剤というよりもスタイリング補助剤というような位置づけですが、筆者の私も10年以上前から愛用中(以前はボリューマイジングスプレーという名でした)。

 

カットに行ってなくてスタイリングしにくい場合などにも役立ちます。

オージス ダストイット

ダストイットはシュワルツコフのオージスというブランドのスタイリング剤。

 

不思議なことに粉状です。

 

その粉を乾いた髪のモヒカンラインに振りかけて、馴染ませるためにワシャワシャすると髪にボリュームが出てくるという変わりモノ。

 

ドライヤーを使わなくてもできるので簡単ですが、上記のテクスチャライジングスプレーよりは効果が少し劣ります。

 

ただし、これを使うとシャンプーの泡立ちが悪くなることがあります。シャンプー前にはしっかりと根元からすすぎましょう。

まとめ

「ショートカットのスタイリングが上手くできない!」という人は、きっとこれでやりやすくなると思います。

 

ただし、根元からボリュームが出ない人は少しでも改善できるようにシャンプーなども見直してみるといいかもしれません。

 

合わせて読みたい記事:女性のためのボリュームアップシャンプーのオススメを厳選して紹介

スポンサードリンク