これは前回の記事の続きです。

 

前髪が脂っぽくなってしまったときの改善に有効だと考えられる手段の一つだと思ったので、信ぴょう性を高めるために検証してみました。

 

前回の記事はこちらからご覧くださいね。

前髪が油っぽい!その原因と対処法とは?直し方はあるの?

髪の毛にベビーパウダーをつけて脂っぽいのが解消されるか検証してみた

何かと気になることを検証するのがこのブログでも定番になってきました。

 

目で見て確かめるのが一番信憑性も高くなりますよね?

 

ベビーパウダーを髪の毛にたたくことで、髪のベタベタが解消できるか?

 

これの効果が高ければ、お化粧直しのときなどに軽く粉をたたくだけで多少の油分を解消することができるはず。

 

ということで、検証開始です。

 

今回用意したのはわかりやすいように少し長めの髪の毛を使用しています。

写真ではわかりにくいですが長めで少しくせ毛です。

 

これに椿油の原液を少し馴染ませて、脂っぽい状態の毛束にしました。

髪の毛が脂っぽくなって全体的に別れていくつかの束になってしまってします。

 

これにドラッグストアで簡単に入手できるベビーパウダーを馴染ませました。

 

今回使用したのはこれ。

どこにでも売っている普通のベビーパウダーですね。

 

これを脂っぽい毛束に馴染ませてみます。

 

その結果はコレ。

先ほどまでの少しギラギラした質感がなくなり、髪もくっついてベタベタな束になってはいません。

 

もう少し白くなるかとも思ったのですが、予想していたよりも好感を持てる結果です。

 

手触りもベビーパウダーなのでサラサラしています。

 

これは使えるかもしれない!と正直、自分でもそう思ってしまいました。

 

さすがにパウダーをつけすぎると白っぽくなってしまうかと思いますが、常識の範囲なら問題ないのではないかと考えています。

 

だって、前髪がベタベタになってハゲっぽく見えてしまうより、絶対に見栄えは良いですよね?

 

前髪が脂っぽくなってしまって悩んでいる方は是非試してみてください。

 

追記ですが、ユーチューバーの方が同じようにベビーパウダーで検証していたのでコレも参考になると思います。

 

それか「ベビーパウダーとか不安だわ!」って思うならドライシャンプーってスプレーもなかなかおすすめです。

 

これもパウダー効果で髪の油分を吸着してくっつくのを引き離してくれるものです。

髪の毛を洗わないでOKてわけではないので注意してくださいね。

 

前髪はとても大事なのでコレで少しでも解消するようにしましょう。

 

以上、脂っぽくなってしまった髪に対処する方法の実験でした。