セルフでヘアカラーをするときに、エンシェールズのカラーバターは有名です。

 

マニックパニックのカラークリームも同じようなものですが、カラーバターというネーミングは聞こえが良いですよね?

 

一部のユーチューバーからも人気があるエンシェールズやマニックパニックですが、間違った使い方をしている人が目立つのも事実です。

 

簡単そうだから気軽にやってみたはいいけれど、思わぬ失敗を招いてしまうかもしれないのもセルフカラーの難しいところ。

 

ということで、今回はカラーバターの使い方や注意点などを解説していきます。

【エンシェールズ】カラーバターの使い方

なぜエンシェールズのカラーバターが人気なのかというと、セルフでもマニキュアと比べて比較的安全にビビットなヘアカラーをやりやすいという点だと思います。

 

アルカリのヘアカラーのようにオキシを混ぜることもないですし、カップからそのまま刷毛や手で髪にカラー剤を塗布できるし、発色も計算しやすいのがカラーバターの利点です。

ヘアマニキュアと比べると、やや色味は薄めな感じもしますが自宅でのメンテナンスにはちょうど良い感じです。

最近では濃い色の塩基性カラーも人気ですが、セルフカラーが初めての人はカラーバターの方がいろんな意味で失敗が少ないと思います。

カラーバターは頭皮についても大丈夫?

顔や頭皮に色がつかないという解釈をしている人もいますが、それは間違いです。

 

確かにヘアマニキュアと比べると皮膚に対して沈着しにくいと思います。

 

ところが、濃い色だったり皮膚が乾燥していると色素が定着してしまうことがあり、もしも色が移ってしまうとなかなかとれません。

 

基本的な使い方としては根元を避けるようにして塗るようにしましょう。

 

カラーバターでカラーリングする前に、事前準備は怠らないようにしましょう。

ヘアマニキュアを自分で染める!事前準備ややり方の話

濡れた髪に塗っても大丈夫?

基本的には濡れた髪でも乾いた髪でも大きな違いはありません。

 

乾いた髪にカラーバターを塗った方が少しだけ色が濃くなると思いますが、クリームの伸びは濡れた状態の方が良いので”塗りムラ”という失敗は少なくなると思います。

 

初心者は濡れ髪の方がやりやすいかもしれません。

 

濡れ髪といっても、ビショビショな状態ではなくきちんとタオルドライしたくらいの水分量がベターです。

アンダーカラーは大事

例えば、黒い髪にサファイアブルーを塗布していくと仕上がりはほとんど黒に近い状態になります。

 

少し茶色い髪ならブルーブラックのような色になり、金髪にサファイアブルーを塗布すると仕上がりは綺麗な青になります。

 

といった具合に、アンダーカラーというヘアカラーをする前の状態の色がとても仕上がりに影響してきます。

 

感覚的には地毛の状態が白に近ければ近いほど、カラー剤の色がそのまま反映されます。

事前にテストすることも大切

我々美容師も、ヘアカラーをやる前に発色のテストをすることがあります。

 

思い切った色を試す場合は失敗が許されないので、目立たない部分の毛束をとりどれくらいの発色をするかテストします。

 

テストの結果次第では色味の方向転換も必要だと思いますし、場合によってはカラーリングを中止することもあります。

カラーバターは痛まない?

カラーバターはカラートリートメントとも言われているくらいなので、ほぼダメージはありません。

 

だからといって、髪の毛を本当の意味で補修するほどのトリートメント効果もほとんどありません。

 

髪の毛の補修をしながらカラーできるという考え方は多少大げさなようにも感じます。

カラーバターの色は落ちやすい?

ヘアマニキュアと比べると皮膚などに色が定着しにくいだけあって、髪の色も多少落ちやすい感はあります。

 

だからといって、濃い色を入れてしまうと染料が髪に必ず残ってしまうので、カラーのチェンジに支障をきたしてしまいます。

 

色を落とそうと思ってブリーチしてしまうと、かえってビビットな色になってしまうこともあるので注意しましょう。色が落ちやすいようで落ちにくいのがヘアマニキュアなどに見られる直接染料の影響です。

カラーバターで髪を白くする?

個人的には、エンシェールズのカラーバターは髪を白くするのには向いていないと思います。

 

髪を白くするためにはブリーチを繰り返した髪の毛に薄い紫をのせるのですが、エンシェールズのラインナップの紫はパープルに近いので向いていません。原理は蛍光灯が白く見えるのと同じです。

 

赤味が強いパープルよりも、青味の強いヴァイオレットをチョイスするようにしましょう。

 

オススメはマニックパニックのヴァージンスノーが簡単だと思います。

 

詳しくはこちらの記事で実験しているので参考にしてください。

マニックパニックのヴァージンスノーで髪が白くなるか実験してみた

もしもカラーバターの色が薄いと感じたら?

エンシェールズのカラーバターはセルフカラーには人気です。

 

だけど「もっと濃い色でカラーをするには薄いかも?」という意見もあります。

 

もしもセルフカラーに慣れてきて、もっと濃いカラー剤でも失敗しないという自信があるなら他のカラーを使ってみても良いかもしれません。

 

ビビット系の他のカラー剤を試してみたい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

ヘアマニキュアのビビット系カラーのおすすめはコレ!


以上、「【エンシェールズ】カラーバターの使い方や注意点」でした。