シラミっていなくなったのかと思いきや、学校や幼稚園の子供の間で流行してしまうことがあります。

 

アタマジラミは10歳以下の子供に寄生しやすいことと、学校などの集団生活によって一時的に流行しやすいようです。

 

放っておくと家族や友人にまでうつってしまうので正しく迅速に対応しましょう。

 

ちなみにアタマジラミは頭にしか寄生しないはずです。

スポンサーリンク





アタマジラミ(シラミ)を駆除する方法

アタマジラミは主に人間の頭に寄生します。美容学校の教科書にもそう載っていました。

 

体に虫が寄生しているのかと思うと気持ち悪くて発狂してしまいそうですが、冷静に対処しましょう。

 

アタマジラミについては一度だけ相談を受けたことがあるのでその経験を綴っていきます。

基本的にはシラミ駆除剤を使用する

シラミ駆除専用櫛を使って駆除するとの記事も見かけますが、それは卵を駆除するためのものなので、基本的には専用の駆除剤を使います。

 

櫛にシラミが引っかかることもありますが、根元で血を吸って生きているので櫛だけではあまり効果がありません。

 

シラミ駆除剤はスミスリン〇〇というもので、シャンプーやローション、そしてパウダーなどの形状になっていてドラックストアで簡単に入手できます。

 

スミスリンLシャンプータイプをAmazonで見る

スミスリンL シャンプータイプを楽天で見る

 

人体に使用しても良い害虫駆除剤は法律で定められているのでその一種類しかありません。病院で処方される駆除剤もドラッグストアで販売されている駆除剤も違いはあまりないそうです。用法にしたがって使用しましょう。

シラミの駆除に必要な期間

駆除剤にスミスリンシャンプーを使ったとしてもシラミの卵には効果がないため、シラミを卵から孵化させてスミスリンシャンプーで駆除するという流れになります。

 

3日に1回くらいのペースで駆除剤を使用しましょう。

 

卵が孵化するまでの期間は1~2週間ほどだそうなので、2週間ほど駆除剤を使用すればおおよそは駆除できるのですが、念のためにもう一週間みたとすると駆除に必要な期間は3週間ほどではないでしょうか。

卵は髪の毛に残る

シラミの駆除が終わっても、残念ながら髪の毛には孵化した後の卵が残ってしまいます。

 

孵化した後の卵なら放っておいても問題はないのですが、気持ち悪いので男性なら坊主などにして取り除くか、女性なら卵駆除専用櫛を用いて卵を取り除くべきでしょう。

ニットフリーコーム シラミ 卵駆除専用櫛をAmazonで見る

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛を楽天で見る

 

卵駆除専用櫛だけではシラミを完全には駆除できないと思うので、スミスリンなどで撃退した後に残る卵を駆除するために使用します。

布団のシラミはどうやって駆除するの?

アタマジラミは人間の頭部にいることがほとんどですが、使っていた布団や枕も心配ですよね?

 

シラミの成虫は人から離れてしまうと72時間ほどしか生きられないそうなので、布団や枕のシラミを駆除するには業者に話してドライクリーニングに出すか、布団専用のポリ袋などに入れて密閉し数週間放置すると駆除できるようです。

病院へ行かなくても大丈夫?

本来なら病院へ行って医者の指示にしたがってシラミを駆除するべきなのですが、皮膚科などへ行っても病気ではないからか塩対応されることもあるようです。

 

私に相談を持ちかけてきた人も、ドラッグストアで買っても同じだからと勧められたそうで「そんなこともあるのか!」と思いこの記事を書くに至りました。

アタマジラミ以外のシラミも駆除の仕方は同じ

余談になりますが、アタマに寄生するアタマジラミと陰部に寄生する毛シラミは種類が違います。

 

どちらも適用される駆除剤は同じなので、駆除の仕方も同じような感じで対処できるはずでしょう。

 

毛ジラミは痒みがでやすく、陰部を掻いたときに爪の間に黒っぽいものがついていると可能性が高いと思います。

 

以上、「大至急⁈アタマジラミを駆除する方法!」でした。

スポンサードリンク