まつげパーマをかけようと調べてみたら、まつげカールというのを見つけた!

 

なんてことはありませんか?

 

どちらもまつげをカールさせることに間違いはなさそうだけど何が違うの?」と思ってしまいますね。

 

ということで、まつげカールのお店をやっているお客様に違いを伺ってみました。

 

私の専門ではありませんので、全てではないかもしれませんが知っていることをまとめましたので参考にしてください。

まつげカールとまつげパーマの違いって?

今のところ”まつげパーマ”と”まつげカール”は呼び方は確かに違いますが中身はおそらく変わりません。

 

なぜ2通りの名前があるのかというと、おそらく法的な目くらましのようなものだと思います。その理由を説明します。

まつげパーマは美容師免許が必要

まつ毛

まず、”まつげパーマ”や”まつげエクステ”が登場した当時はそれらの施術に美容師免許が必要ありませんでした。

 

ところが、どちらも技術仕事なので仕事の成果にムラがあり、様々なトラブルを招く結果になってしまいました。

 

マツエクもまつげパーマも”毛”に対して施術するので、なぜか美容師免許が途中から必要になってしまったというのがこれまでの流れです。

 

どちらも学校では習いませんし、美容師免許を持っているからといって上手なわけではありません。

 

ただ、何かあったときの保険の面と、裁判で争うことができる明確なラインが美容師免許というわけです。

 

まつ毛エクステやまつ毛パーマにはなぜ美容師免許が必要なの?

美容師免許を持たずに施術している人がいる?

まつエクやまつ毛パーマに美容師免許が必要になったのは平成20年。

 

それまでは美容室の受付兼、アイリストという肩書きや、ネイルをやりながらまつ毛エクステをやるネイリストなどの美容免許を持たない技術者がそれらを施術していたのですが、突然認められなくなってしまいました。

 

しかし、いくら美容師免許が必要だといっても、まつエクやパツゲパーマのために美容免許を取得することは全然割に合わないようにも感じます。

 

そのため、もともと美容師をしていたアイリストたちは問題ありませんが、美容免許を持たない技術者は職を失うことになります。

 

”まつげエクステ”や”まつげカール”は美容室の受付の人などが少しでも”手に職”をつけるためや生産性を上げるために始めたことをきっかけに広がった商売ですが、結果的に美容免許が必要になってしまったために急速に縮小することになってしまいました。

まつげカールは無免許も多い?

長くなってしまいましたが、「まつ毛パーマ」と謳ってしまうと明らかにパーマ液を使用している印象になり、「まつ毛カール」と呼び名を変えることでパーマ液のイメージを持たせないようにすることができます。

 

海外にはまつ毛用の還元剤として「まつ毛トリートメント」や「まつ毛ローション」という分類の製品があるので、それらを輸入し薬事法に規制されないように施術しているのが「まつ毛カール」だと思われます。

 

つまり、”まつげパーマ”とうたっている店舗は美容師免許を取得している人がいる店舗で、”まつげカール”とうたっている店舗は美容師免許がないかもしれない店舗ということになるかもしれません。見当違いならすみません。

 

カールという呼び名をつけることで「パーマ液は使用していません!」というアピールになるわけです。だから免許は必要ありませんということでしょう。

 

中にはパーマ液に必要な還元剤を使わずにまつげをカールさせている店舗もあるらしいのですが、ほとんどが還元剤を使用しているのではないでしょうか?

 

たしかにパーマ液を使用していなければ今のところは問われないのかもしれませんが、いつかは規制されることもあるはず。結局はイタチごっこのようなものです。

免許を取得しているサロンを探すには?

まつ毛パーマをかけるなら、やっぱり免許があるスタッフがやってくれるお店がいいですよね?

 

もしも何か事故などがあった場合には、免許などきちんとしているサロンの方が保険などが適用されるので安心感が違います。

 

美容免許取得者がまつ毛の施術をしてくれるサロンを探すには、先ほども述べたように”まつ毛パーマ”というキーワードで宣伝しているお店を探すこと。

 

そして、ホットペッパービューティーのようなメジャーサイトで”まつげパーマ”と表記されているサロンは、きっと美容師免許を取得したスタッフがいる店舗と考えられるので安心だと考えられます。

 

大々的に宣伝していれば、人の目につくので免許がない確率が減ると思います。

免許が必要なのは大人の事情

個人的には免許があってもなくてもどちらでも同じことだと考えていますが、トラブルになったときの責任の所在が美容師免許だということに変わりはありません。

 

保険を適用させたり、裁判沙汰になってしまったときに”しっかりした技術と知識をもった施術者が間違いのないように施術したのか”が争点になるはず。

 

その証拠として国家試験である美容師免許をもっている技術者が、適切に施術したかどうかが問われるということです。

 

つまり、何もわからない素人が施術したのか、プロがマニュアルにしたがって施術したのかで事故があったときに賠償する責任が大きく変わってしまうということですね。

 

免許がなければ素人扱いになるわけで、それらを分類するのが大人の事情のようです。

電話をかけても名乗らない店があるらしい

以上のようなコンプライアンス的な事情で店舗を経営している人も多いためか、まつ毛パーマの予約をするために電話をしても最初は店名を名乗らないお店があるようです。

 

もし保健所から電話があったときに店舗の名前を名乗ってしまうと言い訳もできないので、その対策として名乗らないようなのです。

 

「対応が悪い!」と思う人もいるとは思いますが、いろいろと事情を察してあげるべきなのかもしれません。

 

以上、「”まつげカール”と”まつげパーマ”の違いって何?」でした。