白髪といえば髪の毛。というイメージですが、ある年齢を過ぎると体のあちらこちらから白髪が生えてきてしまいます。

 

そう、タイトルにある通りアンダーヘアも例外ではありません。

 

ちょっと恥ずかしい話ですが本当の話です。気になる人は必見ですよ!

白髪になる場所はアンダーも?

他の記事でも書いていますが30歳を過ぎた頃から白髪が生え始め、40歳を過ぎたら髪の毛の白髪染めをしている女性の方が多くなっていく印象です。

 

それに付随してか接客をしていてたまに相談を受けるのですが、その内容は「下の毛から白髪が生えてきた」というものです。

 

いつからアンダーの毛が白髪になるのか恥ずかしいけど気になりますよね?

 

今まで接客をしてきた経験から説明していきます。

白髪になるのは髪の毛だけじゃない?

白髪というとつい髪の毛のことだけ考えてしまいがちですが、実はそれだけではありません。

 

髪の毛だけではなく他にも眉毛や鼻毛、わき毛、男性ならヒゲ、アンダーヘア、産毛だって白髪になることがあり、そしてどこが白髪になるのかはとても個人差があります。

 

そう。全身から白髪が生えてくる可能性があるんですね。

 

どうやらすべての毛がまばらに白髪になるというわけでもなく、どこかに集中して生えてくるようです。

 

基本的には髪の毛や、男性ならヒゲのあたりが白髪になるのが早い気がします。

アンダーヘアは何歳から生えてくる?

こればかりはお客様それぞれに聞くわけにもいきませんのではっきりとはわかりませんが、髪の毛よりも先に下の毛が白髪になったとおっしゃっていたお客様もいらっしゃいました。例えばその方は35歳くらいです。

 

髪の毛は黒々としているのに不思議なことに、アンダーはそうでもなくなってきたと嘆いていました。

 

筆者の私は35歳を過ぎたところですが、髪の毛よりも先にヒゲから少し白髪が生えてきています。どこから白くなるかは人それぞれということでしょうか。

 

気になったので何人かのお客様に聞いたことがあるのですが、髪の毛と比べるとアンダーヘアの方が白髪になりにくいようです。

アンダーヘアの対処について

アンダーヘアはデリケートゾーンですから、気になる白髪をハサミでカットすることが一番の対処法だと思います。

 

あまりに多いようでしたら自己責任で毛染めをすることもできますが、専用の薬品は今のところは商品化されていません。

 

泡カラーを勧めているサイトもありましたが、薬品を知る立場としては絶対にオススメできません。たしかに液垂れはしにくいかもですが、もしものことがあったらとても危険です。ちなみにクリームだって液だれはしません。

 

どうしても染めたい場合は、白髪も染まるトリートメントで薄っすらとカモフラージュするか、ヘアマニキュアなど酸性領域ので着色するべきだと考えています。

 

でも、ヘアマニキュアで失敗すると色が移ってしまいます。

 

なので着色系は諦めた方が無難だと個人的には考えています。

白髪になるのは何歳から?

これもとても個人差があるお話なので他の記事で投稿しております。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください:白髪の発生原因と対処方法

 

以上、「白髪になる場所はアンダーも⁈何歳から生えてくるの?」でした。