美容室を予約したいけど緊張するから電話の前で深呼吸。なんてことはありませんか?

 

電話は顔が見えないだけに何かと緊張するお気持ちもわかります。

 

予約の電話で何を聞かれるか事前に知っておくことができれば、そんな緊張も少しはほぐれるのではないでしょうか?

 

そんなあなたのために、美容室の電話で必ず聞かれることや補足をまとめてみました。

スポンサーリンク





美容室の予約の電話が苦手!

美容室が苦手な人は、予約の電話からして緊張してしまいますよね。

 

美容師に聞かれることをここで事前にチェックしておけば、きっと緊張することも少なくなるはず。

 

以下で予約の時に必要な事項をピックアップしてみました。

美容室の予約の電話で聞かれる内容

予約の電話ですから別に世間話をするわけではありません。必要な項目は以下のとおりです。

 

  • 予定している施術メニュー
  • 希望の予約時間と日程
  • お名前

 

必ず聞かれることは以上です。補足したいこともあるので一つ一つ解説していきます。

予定している施術メニュー

予定している施術メニューとは、カットだけで良いのかカラーもしたいのかということ。

 

電話の向こうでは「どうする予定ですか?」などと聞いてくるはずですが、ここでは「ショートカットにしたい」とか「髪の色を黒っぽくしたい」など具体的すぎる説明はとくに必要ありません。

 

「カットをしたい」とか「ヘアカラーとカットをしたい」など抽象的な説明で十分です。

希望の予約時間や名前

希望の予約時間を伝えても、「そのお時間は他の予約がありまして。。」などの一点張りで、何時が空いているのか気が利かない対応をされることがあります。

 

そんな時は「何時なら空いてますか?」とこちらから聞いてあげましょう。

 

美容師でも電話対応が苦手なスタッフが稀にいます。

 

お名前は苗字だけを伝えても「下のお名前もよろしいでしょうか?」と聞かれることもありますので、フルネームだとスムーズにコトがはこぶと思います。

他に聞かれる事項

他にも「当店のご利用は初めてですか?」や「どのようにして当店をお知りにったのですか?」などと聞かれることもあります。

 

どのメディアでお店のことを知ったのか集計をしている店舗もありますし、媒体によっての割引率が異なる店舗もあるのでこのようなことを聞いてくるお店も中にはあります。

 

「パーマをかけたい」と言ったら「デジタルパーマをかける予定はありますか?」とか、「ご一緒にトリートメントはいかがですか?」などお店によって電話対応に違いもあると思います。

 

基本的に必要な事項は上記に書いた通りで1〜2分くらいの電話で済むはずです。

 

一通りの必要な事項を伝え終わったら、要望などがあった場合は伝えておきましょう。「男性の担当が苦手」とか「〇〇時までには終わらせてほしい」など要望があったら事前に伝えた方がスムーズです。

 

初めてのお店で緊張する!という人はこちらの記事も参考になると思います。:初めての美容室で緊張している!そんなあなたにオススメの記事

予約のキャンセルの電話は?

もしも美容室の予約をキャンセルするときは尚のこと、ちょっと電話しづらいですよね?

 

とはいえ急な予定が入ってしまったりするのもあるので「急な用事が入ってしまった」または「体調を崩した」などの旨でもいいので簡潔に伝えてキャンセルしましょう。

 

関連記事:美容室の予約はキャンセルしても大丈夫?

予約はしないとダメ?

美容室への電話予約が苦手だからといっても、予約をしてから来店するのは基本です。

 

予約をしないで美容室へ行くと、かえってやりとりがギクシャクすることも珍しくありませんので、できるだけ予約をしてから美容室へいきましょう。

 

関連記事:美容室へ予約なしで行くのは迷惑か?飛び込みでも大丈夫?

電話が苦手な人はネット予約が便利

行きたい美容室でネット予約ができればそんなに悩む必要はないのかもしれませんが、とくになければホットペッパーなどの予約サイトから検索すれば、こちらから苦手な電話をするコトもなく予約できます。

 

ホットペッパーなら当日の予約を受け付けている店舗も多く、会員登録さえしてしまえば次回からの予約がとても楽に行えるので便利です。

 

以上、「美容室の予約の電話が苦手!聞かれる内容を事前にチェックしよう!」でした。