髪の毛をブリーチしたいけど、何回ブリーチすれば目標の色に近づけるのかイメージがわきませんよね?ダメージも気になるところです。

 

「やってみたけど上手く発色しない!」ということがないように、今回はブリーチで髪の色が白っぽくなるまで回数を重ねて実験してみました。

 

ブリーチやハイトーンカラーに興味がある人は参考にしてください。

スポンサーリンク





ブリーチの回数と髪の色の比較

さすがにお客さんやスタッフの髪の毛で実験するわけにはいかないので、ロングのバージン毛の髪の毛を採取して毛束で実験してみました。

 

ブリーチは一回やればほとんど金髪になりますが、髪の色を白くするまでには1回では足りません。

 

髪の毛はほとんど黄色味がなくなれば、どんな色でも良く発色します

 

髪質によっての違いもあり、何回が望ましいという定義付けは出来ないけど参考にしてみてください。

 

これはバージン毛。ブリーチをする前の健康な状態の毛束です。

 

1回のブリーチで1~2時間ほど放置した方が良く色が抜けていくのですが、どちらかというとそのやり方は髪が傷んでしまうので、20~30分の放置で何回かブリーチする方が結果的にダメージが軽減される感じです。

黒い毛束

ロングヘアの毛先の髪なので、少し茶色くなっていますがほとんど黒い状態。

ブリーチ1回目

まずは1回目のブリーチをしました。

 

オキシは6%2.5倍。加温はしていません。放置時間は全て30分で固定とします。

茶色い毛束

金髪一歩手前くらいのオレンジ色がまだ残っていますね。加温なしなのでこれくらいが順当な仕上がりかと思います。

 

ガッチリ加温すれば一回で金髪くらいまでもっていけますが加温ムラが出てしまうことがあります。

ブリーチ2回目

では2回目のブリーチ。写真では暗めだけど、いわゆる金髪になりました。

金髪の毛束

ここまできたらペール以外の色はほとんど発色するはずです。髪はハイダメージ確定の明るさ。

ブリーチ3回目

ではいよいよ3回目のブリーチ。ここまで色が抜けてもブリーチを繰り返すと少しずつ色が明るくなっていきます。

金髪の毛束

さすがにかなりダメージしてきた様子。シャンプーすると毛先が少しヌルヌルしたような手触りになってきました。白っぽくなるまでもう少し!

 

ちなみに髪質によっては3回くらいのブリーチで白っぽくなることもあります。

ブリーチ4回目

毛束がそろそろ危うくなってきましたが、次は4回目のブリーチ。さらにクリーミーな色になりましたね。

白い毛束

3回目は毛先がヌルヌルでしたが4回もブリーチすると全体にヌルッとした感触に。完全に超ハイダメージです。せっかくやった割には少ししか色が抜けていません。

 

でも髪の毛を白系の色にするなら、その少しの色味が明暗を分けることになります。

ブリーチ5回目

では、最後に5回目のブリーチをします。こんな感じになりました。

白い毛束2

ここまでブリーチの回数で比較してみました。1~3回目まではそこそこ色が明るくなっていきますが、4回目以降は少ししか色が抜けません。でも毛先がチリついていないのでまだいけるかな。

 

髪の赤みを抜いたり、ビビットな発色をさせたい場合は1~2回のブリーチ。

 

髪の毛を白にしたい場合は3~4回くらいのブリーチだと白っぽくなると思います。

 

素材の髪がバージン毛なら1回くらいのブリーチにはそこそこ耐えられますが、2回目以降はかなりのハイダメージになってしまいます。

 

もしも自分でブリーチをする場合はくれぐれも気をつけてやるようにしましょう。

ブリーチだけで白くはならない

冒頭で言い忘れていましたが、ブリーチのみで髪の毛は白くなりません。

 

白っぽく色を抜いてから紫色のカラーで補色することで白っぽくなっていきます。何度もブリーチをするわけではないんですね。

 

詳しくはこちらの記事でヴァージンスノーの実験もしておりますのでご確認ください:マニックパニックのヴァージンスノーで髪が白くなるか実験してみた

 

補色に最適なカラーはマニックパニックのバージンスノーなどが使いやすいのでオススメ。

 

マニックパニック カラークリーム ヴァージンスノーをAmazonで見る

マニックパニック ヴァージンスノーを楽天で見る

 

※実際に写真のような紫色になるわけではありません。

 

さらに、補色の色は薄いので綺麗なホワイトをキープするためにムラシャンなどを使用しましょう。

 

あわせて読みたい記事:アレスの紫シャンプー(ムラシャン)で実験

 

ブリーチした髪の毛にムラシャンでどれくらいの色素が入るのか実験しています。

 

最後になりますが、ブリーチはけっこう危険な薬品なので頭皮も痛くなりやすく敬遠されることもあるほどです。痛みがある人はこちらの記事も参考にしてください:ブリーチしたいけど頭皮が沁みる!痛みは軽減できるの?

 

以上、「ブリーチの回数で髪の色が白くなるまでを比較してみた」でした。

スポンサードリンク