「なんだか最近髪のパサパサが気になる」

 

そう思ったのなら、きっと髪の毛が細くなっている証拠です。

 

髪は年齢を重ねると知らず知らずのうちに細くなり、同時に髪の毛もパサパサしてくるはず。白髪も黒い地毛とは違った質感の毛が生えてくることもあります。

 

若さを保つためには髪の状態が非常に大切になってきます。

 

40代のヘアケアのことを知って今からでもエイジングケアをしていきましょう。

スポンサーリンク





髪の毛がパサパサ!40代からの美容

10代や20代の頃とは違い髪は30代から細くなり始め、40代にはパサパサしたりと若い頃とは様相が変わってきます。

髪で悩む女性

芸能人に見られるように、60歳など還暦を過ぎてもウィッグをかぶることにより若々しく魅せることも可能なほどで、髪の毛が美しいことで顔の表情も若々しく見えるはず。

 

40代からは、より髪の毛も細くなるのでパサパサになりやすく独自のヘアケアが必要です。

細くなった髪のケア

髪の毛は細くなるとダメージも受けやすくなってしまうので、ダメージ対策が必要です。

 

若い頃のように明るいヘアカラーをしてしまうと髪が傷んでしまうので、褪色しにくい暗めのカラーをチョイスしましょう。

 

傷んだ髪をケアするのではなく、髪の毛が痛まないケアへのシフトがパサつかない髪でいるコツです。

パサパサにはアルガンオイル

髪の毛に何かを塗りつけてパサパサを抑えることはできますが、同時にベタつきも気になってしまいますよね?

 

アルガンオイルはパサつきを抑えることに優れていて、アウトバストリートメントにありがちなゴワつきやベタつきも比較的少なく使えます。

 

オイルなのでつけすぎは禁物ですが、適量を髪につけるとしなやかさと落ち着きが出てくるのでパサつく40代の髪の毛にもうってつけです。

 

 

もちろん男性の髪のパサつきにも効果を発揮しますし、体全体に保湿としても使える万能のオイルです。

 

40代からは上質なヘアケアで周りと差をつけたいものですね。

シャンプーはアミノ酸がおすすめ

シャンプーもそこいらのドラッグストアで売っているものよりも、サロン専売品の方が効果を発揮してくれます。

 

10代、20代の頃は皮脂の分泌も多いので安いシャンプーでザックリ汚れを落としてもあまり問題ありません。

 

強い洗浄料で洗う安いシャンプーは、余計に髪の毛をパサつかせるかもしれません。

 

アミノ酸のシャンプーが洗浄力も丁度良いので適しています。

髪はしっかりブローする

髪が細くなるということは、トップも潰れやすくなりがちです。

 

根元からしっかりドライヤーでブローすることによって髪に立ち上がりが生まれ、ツヤも出ます。

 

また、ヘアアイロンは高温なのでホットカーラーに切り替えた方が髪にも優しく、また根元に立ち上がりをつけやすいはずです。

 

ホットカーラーについてはこちらの記事でも紹介しているので参考にしてみてください:美容師がおすすめするホットカーラーと便利な使い方

 

パサパサな髪の毛でいるよりも、いつまでも上品なツヤのある髪の毛でいたいものですね。

 

以上、「髪の毛がパサパサ!40代からの美容とヘアケア」でした。

スポンサードリンク