「今までなかったはずなのに最近、白髪が生えてきて気になる。」でも白髪染めはしたくない。

 

「どうしよう?いつから始めたらいいの?」

 

そんな女性のお客様がわたしの周りにも増えてきました。やはり皆さんいつから白髪染めを始めたら良いのか迷っているようです。

 

そんな人のために答える内容を記事にしてみました。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク





いつから白髪染めを始めたらいいの?

おしゃれ染めも白髪染めも、厳密には同じヘアカラーなのですが内容が違ってきます。

 

だから尚更のこと、いつから白髪染めにチェンジすれば良いのかは迷いどころですね。

 

女性の白髪染めの平均的な時期と、おしゃれ染めとの違いなどは以下の通りです。

40歳を過ぎたら白髪染め

40歳を過ぎたら白髪染めをしている女性の方が多くなっている感覚があります。

 

もちろん40歳になってもほぼ白髪がないという女性も珍しくはないので、そういう方は必要ありません。

 

白髪は前頭部に集中して生えてくることが多いのもあり、いったん生えてくるとコメカミやモミアゲなどが気になり、少ない本数の白髪でも女性は染めたくなるのが一般的です。

白髪染めとファッションカラーの違い

そもそも白髪染めとファッションカラーは違うのか?そう思う方もいるかもしれませんので、簡単に違いを説明します。

 

カラーが染まるシステムはどちらも違いはないのですが、白髪染めの方がたくさん色を抜いてたくさんの色を髪に入れるというイメージです。

 

サロンでは初めて白髪染めする世代のことをファーストグレイと総称していて、白髪染めとファッションカラーの中間であるファーストグレイ用のヘアカラーのラインナップは年々増えていますので心強いです。

 

基本的には白髪染めよりもおしゃれ染めの方が発色が綺麗で、ダメージもやや少なめであることが多いです。

気になったら染めるべき

染める時期はというと、白髪が生えてくる時期に個人差がありすぎること(20歳〜40歳)と2~3本の白髪で大騒ぎする人や100本以上の白髪でも放ったらかしにしている人など個人差がありすぎて明確にすることはできません。

 

とにかく、白髪が気になるのなら染めておいたほうが楽しく生活することができるのは間違いありませんので、20歳だろうが30歳だろうが白髪をコンプレックスに感じてしまったら染めてあげるのがベターです。

 

また、最近では白髪隠しコンシーラーなどの需要も増えてきているので、それらも参考にしてみると良いかもしれません:スロウのヘアカラーコンシーラーは色が2種類。効果はどんな感じ?

白髪が気になることを美容師に伝えよう

白髪の本数は少ないのに「白髪染めをオーダーするのはイヤ」と思うかもしれません。

 

そんな時でも白髪が気になることを担当者に伝えてみましょう。(鈍感な美容師は言わなきゃわかってくれないかもしれません)

 

今は白髪が少ない人のためのカモフラージュできるヘアカラーも豊富なので、きっとファーストグレイのヘアカラーを使用してなんとかしてくれるはずです。

 

でも、「白髪染めにする?」などと不安な聞き方をしてくる美容師もいると思うので、そんなときは黒くならないか確認した方がいいかもしれません。

市販のカラー剤は意外と染まる

たくさんの色素と強いパワーを処方することで市販の白髪染めも明るいトーンまで対応していてよく染まるのですが、髪がその分傷んでしまいます。

 

また、色のラインナップも美容室の方が多いので(当たり前ですが)サロンカラーは品良く仕上がります。

 

美容室のカラーは髪質によって減力したりパワーを調整することや色素を足すなどの柔軟性があるのが特長です。とは言っても使う側の知識や経験によって結果が左右されるのが難しいところ。

 

市販の白髪染めは黒い色が多いので、初めて白髪染めにする場合は美容室ですることをお勧めします。

 

以上、「白髪染めはいつから始めればいいの?」でした。

スポンサードリンク