パーマかカラーをしたいけど、どちらが痛まないか?

 

という今回はあまり役に立たない素朴な疑問シリーズ。

スポンサーリンク





パーマとカラーではどちらが傷むのか?

パーマもヘアカラーもどちらも化学薬品ですから、その特性から比較してみましょう。

ヘアカラーの仕組みとダメージ

ヘアカラーはアルカリ剤の1剤と2剤であるオキシを混ぜて髪に塗布します。

 

カラー剤の作用で薬品がキューティクルを開いて髪の内部にし、過酸化水素が分解するときに発生する活性酸素がメラニン色素を分解すると同時に、メラニン色素があった場所にカラーの色素が定着します。

 

つまり、ヘアカラーのダメージは髪の毛の内部に空洞を作ってしまう損傷が特徴です。

パーマの仕組みとダメージ

パーマの仕組みは髪の内部にパーマ液が浸透し、髪の内部を柔軟にして動かした後にその形のまま固定します。

 

ダメージの特徴は、分子の構造にメスを入れるように結合を切断してから再結合する仕組みなので、髪の内部のコルテックスが不安定になることです。

 

また、髪の毛が折れてしまうことがあるのもパーマ特有のダメージで、折れてしまうとそこは切れ毛になってしまいます。

どちらの方が傷むのか?

結局のところダメージの種類が違うのでなんとも言えませんが、ヘアカラーの方が髪の内部に空洞を作ってしまうので傷むと考えられています。

 

ところが、見た目のパサつきなどが目立つことから傷んで感じるのはパーマの方かもしれません。

 

すでに傷んでしまっている髪にパーマをかけるとダメージが表面化しやすく、そのようなクレームは美容室でも多いはず。

まとめ

ザックリと説明しましたが、ヘアカラーも色を入れるだけならほとんど髪に負担なくできますし、パーマやカラーも程度によって痛み方は全然違います。

 

美容室へ行ってもパーマやカラーを断られないようにダメージには十分気を配りましょう。

 

以上、「パーマかヘアカラーどちらが傷む?」でした。

スポンサードリンク