パーマをかけたけどスタイリングが難しい。

 

ていうか、パーマが出ない!女性なら誰しもが経験したことがあるはず。

 

パーマはスタイリングが難しいと言われることもありますが、地毛では演出できないお洒落を楽しむことができるのもパーマの魅力です。

 

少しでも素敵になれるようにポイントを抑えておきましょう。

 

基本的には、

  • 根元に自然な立ち上がりがついていること
  • ウェーブをこわさないようにドライすること
  • 目的にあったスタイリング剤を使用すること

 

今回はパーマをしっかり出すための下準備や、スタイリング剤などを解説していきます。

朝のシャンプーからはじめよう!

せっかくパーマをかけても夜寝てしまうと根元が潰れてしまい、朝までにはパーマがダレてしまいます。

 

パーマのウェーブをしっかり出したい場合は、朝からシャンプーするか根元からジャブジャブ濡らすことが基本です。

 

朝起きたときの状態がよければそのままでも大丈夫ですが、パーマが上手くできないということはこの段階でつまずいている可能性があります。

霧吹きじゃダメなの?

根元からジャブジャブ濡らしていたら時間がかかるので霧吹きでも大丈夫なこともありますが、条件を満たしていないといけません。

 

  • もともと髪にボリュームがある人
  • 髪の根元が潰れていない場合

 

でもパーマが上手くでないときって、根元が潰れていることが多いんです。

 

なので時間さえあればジャブジャブ根元から濡らしてあげましょう。

髪の根元の直し方についてはこちらで解説しているので、少しでも時間を短縮したい人は見てみてくださいね。

プロが教える寝ぐせの簡単な直し方。コツさえつかめばこれで安心

パーマの乾かし方

朝からシャンプーしたり、パーマ専用のスタイリング剤をつけたとしてもパーマドライが悪ければ全て台無しになってしまいます。

 

ゆっくり持ち上げながら乾かすのがコツです。

 

ドライのことは記述すると長くなりそうなので別の記事で解説しています。よろしければ参考にしてみてくださいね。

デジタルパーマの乾かし方のコツをつかんでスタイリング上手になろう!

しっかり保湿しよう

パーマは重力の力で伸びてしまいますが、水素結合や塩結合といった髪の構造上の問題もあり、しっかり保湿することでリッジの効いた、しなやかなカールを保つことができます。

 

じっさいに、髪が濡れているときの方がパーマが出やすいですよね?

 

保湿には通常ヘアオイルかエマルジョンあたりが望ましいと思います。

 

個人的にはジョンマスター・オーガニックのアルガンオイルがナチュラルな使用感なのででオススメです。

ジョンマスターオーガニック アルガンオイル 59ml
ジョンマスターオーガニック(john masters organics)

アウトバストリートメントはシリコンやトリートメント成分の影響からパーマ毛では髪がゴワゴワして美しく見えないこともあります。

 

モロッカンオイルのような滑らかなシリコンなら相性も良いのですが、シリコン系のヘアオイルでハズレを引くを悲惨なので慎重に選びましょう。

 

ドライヤー前に洗い流さないトリートメントをつけて、必要だったらドライ後にもつけて毛先がパサつかないように注意しましょう。

 

エルジューダのエマルジョンは手触りがツルツルになるので、ゴワついた髪の毛には指通りが良くなると思います。

もしも毛先がパサついたらヘアオイルなどでまとまるようにすると良いと思います。

市販のパーマ戻しを使用する

パーマ戻しと言っても、パーマ用補助剤的なものでありただの水のようなものからスタイリング剤を兼ねたようなものまであります。

 

この記事を見ているということは、おそらくパーマを出すのが苦手な人が多いはずなので強力なのを紹介します。

リーゼ うるおいパーマ戻し

プロとしてサロン専売品を紹介したいところですが、リーゼのうるおいパーマ戻しはなかなか優秀であると思います。

 

サロン専売でも類似品はありますが、同じくらいの効果を発揮してくれますのでこれで全然大丈夫。

 

質感は違いますが、これをつけてドライするも良し、半乾きで放っておいても良しなアイテムです。

スタイリング剤はとても大事

パーマの出にくい人にとってはスタイリング剤はとても大事です。

 

自分に合うパーマ用のワックスやムースと出会うことができたらスムーズにパーマを表現できるようになるかもしれません。

 

パーマ用のスタイリング剤についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

パーマヘアに最適なムースやワックスなどのスタイリング剤

 

以上、「パーマやウェーブの出し方のコツ」でした。

タイトル写真引用:Summer 写真 designed by Teksomolika – Freepik.com