女性が赤ちゃんを身ごもって出産するというのはとても神秘的なこと。

 

赤ちゃんは母親のお腹の中で、10か月ほど成長してから生まれてくるわけですから、その間には赤ちゃんだけでなく母体も変化しています。

 

当然髪も体の一部なので影響を受け、髪の毛の調子がいつもと変わるのでそれに合わせたケアが必要になります。

スポンサーリンク





妊娠中の髪の状態とヘアケア

髪がパサつく

妊娠中は身体の水分の流れが悪くなりやすく、髪が乾燥してしまいます。

 

頭皮の血流が悪くなり毛根の代謝が悪くなってしまい、結果的に髪がパサつきやすくなってしまいます。

 

体に水分を積極的に取り入れることや頭皮をマッサージするなど、血行が良くなるように促しましょう。いつもよりもヘアケアを丁寧に行うと良いと思います。

 

また、ドライヤー後も髪がパサつくようなら洗い流さないトリートメントを乾いた髪に薄くなじませるなど乾燥を防ぐようにしましょう。

 

粗悪なアウトバストリートメントは髪にシリコンなどが蓄積してしまうかもしれないので、軽めの質感でしっかり保湿してくれるようなものが理想です。

髪の毛がクセ毛になる

妊娠中は髪のクセが強くなってしまうかもしれません。

 

先ほど述べたように髪が乾燥することでクセがいつもより強くなったことが考えられますし、妊娠中に生えてきた髪の毛が体の変化によって栄養不足に陥りいつもと調子が違うかもしれません。

 

妊娠中はホルモンバランスが変わるので、産後にかけて体質が変わり髪の毛に影響が及んでいるのも原因の一つだと思います。

 

とくに日頃からパサつきが気になる人はより顕著になるかもしれません。普段よりしっかりブローしたり、熱を当てるスタイリングをするとツヤやハリが出るので、外出のときなどひと手間かけると良いでしょう。

髪の毛がオイリーになる

髪の毛が突然オイリーに変化することもあり、その時はお使いのシャンプーなどを取り替える必要があるかもしれません。

 

体のホルモンバランスの変化により、一時的に髪がオイリーになってしまうこともあるかもしれませんが、髪の調子が変わることによって今お使いのシャンプーが合わなくなってしまったのかもしれません。

 

原因や対処方法などはこちらの記事で解説しているので、よろしければ参考にしてみてください。
突然、髪が脂っぽくベタつく原因と対処方法

髪の毛が抜ける?

妊娠中は女性ホルモンの割合が増えるので髪の毛は通常でしたら抜けにくくなってます。

 

やはり不安やストレスも多い時期ですし、髪の毛が栄養失調になりやすい状態なので過剰に抜けることも考えられます。

 

不安を取り除くためにも、定期検診のタイミングなどで担当医師に相談してみましょう。

 

以上、「妊娠中のヘアケアの疑問、なぜいつもと違うの?」でした。

スポンサードリンク