youtubeなどでブリーチで髪を白くする方法として、たくさんアップされていますがほとんどのユーチューバーが「思ったより白くならない」と言っているのを見かけます。

 

つまり失敗しているということ。

 

それもそのはず。

 

1~2回のブリーチで仕上げにマニックパニックのヴァージンスノーを使ったとして白くなる人は少ない。

 

誰でもブリーチをすれば平等に色が抜けるわけではなく、髪の色が白になるまでもっていくのはけっこう難しいのです。

 

髪の毛をブリーチで白っぽくなるまではこちらの記事で紹介しているので参考にしてください:ブリーチの回数で髪の色が白くなるまでを比較してみた

 

髪を白くしたい人のために、今回はその理由などを解説します。

スポンサーリンク





ブリーチで髪が白くなる人とならない人がいる

日本人の髪の毛は赤みが残りやすく、ブリーチを繰り返しても最終的に黄色(ペールイエロー)にまでしかなりません。

 

その最終的な黄色の色が、濃ければ濃いほど白にはならず、黄色味が薄いほどヴァイオレッド系の補色作用で白に近くなっていきます。

 

目安のブリーチ回数は3~4回。おそらくそれが限界なはず。

 

ブリーチ後にシャンプーをして、髪がヌルヌルになったら限界です。髪を引っ張ったらビョーンと伸びて音もなく切れるでしょう。

 

それでもオレンジ味が残っている人は白くなりません。

色素の薄い人は色が抜けやすい

目の色や地毛の色素が薄くてチャコールグレーのような色をしている人は色が抜けやすい傾向にあります。

 

ブリーチの回数も少なくて済みますし、白やシルバーといった黄味のない色の発色が綺麗です。

 

ただし髪が傷みやすい人が多いので注意が必要です。

ホワイトブリーチで髪を白くするには?

なるべく脱色作用の強いブリーチを使用し、少ない回数で限界まで髪の色を脱色します。

 

限界まで脱色したらマニパニのヴァージンスノウなどの補色を塗布して流したら終了。

 

失敗しているユーチューバーの皆さんと同じ手順ですが、ポイントはどこまで色を脱色できるかということ。

 

しっかり色が抜けるブリーチを使用すれば、毛が切れるリスクは高くなりますが、東京喰種のカネキ君みたいな白髪に近くなっていくでしょう。

 

ただし、ブリーチでの白い髪はサロンでもとてもデリケートに施術するほどなのであまりオススメできるものではありません。と個人的に思っています。

 

理由は、施術後は大丈夫でも時間の経過とともに髪の毛が切れてしまうほど傷んでしまうから。もしもホワイトブリーチをする場合は細心の注意を払って行いましょう。

しっかり色の抜けるパウダーブリーチ

カツンと色が抜けるサロン用のパウダーブリーチを一つ紹介します。

ロレアル プラチフィーズ

プロ用なのでデカイサイズしかありませんが、パウダーブリーチの中でも強力なのがロレアルのプラチフィーズ

 

カラー用オキシ6%をブリーチ量の2倍〜3倍混ぜて使用します。2倍でも3倍でも効果はほとんど変わらないので塗りやすいと思った粘度で使用します。

 

ロレアル プチフィーズ コンパクト 500g(250g×2)

 

念のためにオキシも掲載しておきます。

 

シュワルツコフイゴラ デベロッパー オキシ ジェンタ1000ml 3% / 6% 業務用ブリーチ ホワイトブリーチ脱色剤 オキシドール デベロッパー

 

6%オキシ2~3倍でブリーチと混ぜて使用します。もちろん他のカラー剤にも使用できます。

補色用のヘアカラー

黄色を白に近づけるために薄いパープルで髪を染めることが有効。

 

こちらは最近主流になりつつあるマニックパニックのヴァージンスノウ。

 

髪に塗布して15分くらい放置して流して出来上がり。

 

マニックパニック MC11033 Virgin Snow ヴァージンスノウ【MANIC PANIC】【マニパニ/ヘアカラークリーム】

 

あとは色をキープするためにムラサキシャンプーを使用すると良いでしょう。

ムラサキシャンプーを使用する

薄い色はすぐに色落ちしてしまうので、白い色をキープするシャンプーでケアする必要があります。

 

ムラシャンを使うのと使わないのではホワイトキープの効果に確実に差がでるので、髪を白くしたい人には必需品です。

 

ムラシャンの効果についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

N.のカラーシャンプーと他3種類のムラシャンの効果を比較してみた

まとめ

市販のカラーでもハイブリーチはとても強く、ここで紹介しているブリーチはさらに強力です。

 

今は通販でなんでも安く簡単に手に入れることができますが、ホワイトブリーチはリスクが伴い、一時的ではありますが頭皮にもダメージを与えてしまいます。

 

こんな記事を書いておいてなんですが、ブリーチは美容室でやりましょう。

 

もし失敗したらヤンキーみたいになってしまったり、髪がちぎれて酷いことになるかもしれないからです。

 

しつこいようですが、もしもセルフでブリーチするときは細心の注意を払って行いましょう。

 

以上、「ブリーチで髪が白くなる人とならない人がいるんだよ」でした。

スポンサードリンク