シャンプーなどのヘアケア用品もさることながら、スタイリング剤も世の中にたくさん出回っていて困ってしまう。

 

正直どれを使えば良いのかわからない。でも失敗はしたくない。

 

その気持ちはよくわかります。なので、今回は髪質やスタイル別に分けて考えたオススメのワックスを紹介する記事です。

スポンサーリンク





美容師がオススメするヘアワックス

ロレッタ メイクアップワックス 4.0

最近のロレッタのスタイリング剤は男性用、女性用共にとても優秀。

 

デザインと使い心地は言うことなし。その中でもメイクアップワックス4.0はオールマイティに使用できるファイバー系のワックス。

 

ヘビーな質感の割にナチュラルで、丁度良いツヤとソフトな質感を再現。とくに髪の多い、多毛やくせ毛のショート〜ミディアムレングスでボリュームを抑えながら動きをプラスしたい女性にオススメ。

 

国内でもトップクラスに売れているらしく、筆者の私も初めて使ったときは「なるほど!」と納得。

モルトベーネ ロレッタ メイクアップワックス4.0 65g

 

多毛じゃなくても、ショートヘアの優しい質感を再現するのに向いています。多毛〜普通毛向け。

ミルボン ジェミールフラン ジェルクリーム+

不動の人気メーカーミルボンは、見た目や香り、使い心地まで女性を決して裏切らないメーカー。車に例えるとしたらTOYOTA。

 

その中でも最近発売したジェミールフラン ジェルクリーム+は、細毛でボリュームの出にくいショート〜ミディアムレングスの動きを出したい髪型にオススメ。

 

ワックスというよりもプルプルしたジェル状のスタイリング剤なので、スタイリング後にベタッとすることなく軽い質感をキープできるのでオススメ。だからといってパリパリにもなりません。

 

【新商品】ミルボン jemile fran ジェミールフラン ジェルクリーム+(プラス) 60g 【1日中、ゆるくラフに】 【10P20Oct16】

 

細くて量の多くない人は油分の少ない、ドライなタイプのスタイリング剤がオススメ。油分が多いと時間が経過してからトップがつぶれます。とくにショートヘアはトップにボリュームを持たせることが多いのでこちらのようなスタイリング剤が使いやすい。軟毛〜普通毛向け。

ニゼル スモーキードライクリーム

美容師にも信頼されているブランド、”ニゼル”もミルボンからのリリース。

 

パウダーインのワックスなので、ドライで軽い質感をプラスするのには最適。マットタイプの女性用ワックスは少ないので重宝するはず。

 

硬さも適度な感じなので長さも関係なくオールマイティに使用できますが、ロングヘアはパサつきが出るので注意が必要。ツヤを求めるなら他のワックスにすべき。

 

ミルボン ニゼル ドレシアコレクション スモーキードライクリーム 60g

 

指先ですくうタイプのワックスは爪の間にワックスが入らないのが嬉しい。わかってらっしゃる。軟毛〜普通毛向け。

シュワルツコフ シルエット ハードワックス

ザ・ワックスとでもいうべき、何の特徴もないシンプルで微香性ややハードタイプ。

 

シンプルだけに長く愛用できて裏切りません。個人的に好きなワックスです。

 

男女ともに使えて、ハードめなのでロングには不向きですが、ミディアムからベリーショートまで幅広く使用できるので一家に一つあるならこれかも。

 

シュワルツコフ シルエット ハードワックス 50g

 

シンプルだからこそ、悪いところは見当たらないというのが特徴。ツヤを失わないハードタイプはこれがオススメ。軟毛〜普通毛〜多毛向け。オールラウンダー。

 

以上、「美容師がオススメする髪質別のヘアワックス(女性用)」でした。

スポンサードリンク