髪は生きているだけでどんどん伸びていきます。

 

カラーをしても根元が伸びるし、縮毛矯正でストレートにしても次から生えてくる毛はクセが出てしまいます。

 

いったいどれくらいの頻度で美容室に行けばいいのか?ちょっと気になりますよね?

 

今回は各状態に応じた美容室へ行く頻度の目安をまとめてみました。参考にしてみてください。

 

また、男性が美容室へ行く頻度はこちらの記事にありますので参考にしてみてください:男性が美容室へ通う頻度はどれくらい?こまめな方が良い理由

スポンサーリンク





女性が美容室へ行く頻度の目安

美容室へ通う頻度は、メニューや髪の長さによって違います。

 

平均すると女性が美容室へ行く頻度は3か月に一回くらいになるそうですが、だからと言っていつも3か月で良いのかというとそうではありません。

美容室へカットに行く頻度は?

カットが必要になる頻度は、ショートになるほど短くなり、ロングになるほど長くなります。

 

  • ショートヘア~1か月
  • ミディアムヘア~1~2か月
  • ロングヘア~3か月

 

くらいが頻度の目安。ショートで髪が多いと3週間もすると突然スタイリングしづらくなるので、そうなったらそろそろ美容室の予約のことを考えておきましょう。

 

女性のロングヘアは顔まわりさえ整えておけばバランスは悪くなりにくいので持ちが良いと言えます。

 

また、時間があれば前髪だけカットしてもらうために美容室へ行くことも効果的だと思います。

ヘアカラーで美容室へ行く頻度

ヘアカラーも色や白髪の量によって全然異なる頻度で美容室へ行く必要があります。

 

色が暗いほど伸びても目立たないので気になりません。一方、金髪くらいになってくると1週間も経つとほとんど色が抜けていることもあるので髪の色が明るいほど、または白髪の量が多いほど気になるようになります。

 

なので、見た目が気になったらリタッチが必要。明るいヘアカラーは3か月を超えたくらいからだらし無さとして目立つように感じます。

 

白髪は2週間で5mmほど伸びるので、多い女性は1か月も経過したら気になるようになります。

 

ヘアカラーで美容室へ行く頻度は、1~3か月が目安です。気になったら行くようにしましょう。

金髪は色の補給が必要

金髪はすぐに色がダレるので1~2週間に一度は美容室に色だけ補給しに行ったり、自宅でムラシャンをするなどのケアが必要。

 

色の補給はシャンプー台で手軽に済ませるなど、通常メニューとは異なったケアをしてくれるところもあります。

 

また、ムラシャンを使うとそんな手間も省けるので、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
綺麗なブロンドをキープするムラサキシャンプー

パーマをかける頻度は?

パーマをかけても髪は伸びるので、カットと同じように長さによってメンテナンスが必要。

 

ショートヘアはスタイルをキープするためにパーマの頻度も増えるかもしれませんが、パーマの変化を楽しみながらスタイルも変化させることもできます。

 

髪の毛が真っ直ぐな女性ほどパーマはとれやすいので個人差があります。

 

理想としては

 

パーマをかける→次回カットをする→パーマをかける

 

というような順番でパーマとカットを交互に施術するという頻度が望ましいと思います。

縮毛矯正をかける頻度は?

縮毛矯正はとても強力で一度伸ばしたところはほとんどとれることはありません。

 

でも根元のクセはそのまま伸びてくるため、毛が短いところほど伸びてきた部分の影響を強く受けてしまいます。

 

クセの強い女性は長くて3か月、クセの弱い女性では6か月ほどもすればもう一度リタッチが必要になります。その頃には前髪などはストレートアイロンで伸ばさないとまとまりにくくなっているのではないでしょうか?

 

美容室へ行く頻度が最も間があくのは縮毛矯正かもしれません。

美容室でトリートメントをする頻度は?

美容室でのシステムトリートメントは2~4週間もすると効果を感じなくなっていきます。

 

モデルやタレントになると1~2週間に1度はトリートメントしている女性もいたりします。

 

一般的に考えても、来店する毎にトリートメントしていれば長期的な目で見てヘアダメージを少なく抑えることができます。

 

以上、「女性が美容室へ通う頻度はどれくらい?長さ別で違うという話」でした。

スポンサードリンク