どうやったら自分の髪がサラサラで綺麗に見えるのか?

 

それは世の女性たちの大半が日々考えていることだと思います。

 

髪は綺麗に手入れされているのと、されていないのとで比べると顔の見え方が全然変わってしまうのだからそれは当たり前のこと。

 

美容室へ行ったからといって何もしなくては素敵な髪型も台無しになってしまいます。

 

今回は髪をサラサラで綺麗に魅せるための基本をおさらいしてみましょう。

スポンサーリンク





髪をサラサラにする方法

髪の毛をサラサラに魅せるためには幾つかのアプローチ方法があります。

ロングヘアの女性

ご家庭でできるヘアケアの基本は以下の通り。

 

  • 洗髪。シャンプー、トリートメントの使用
  • アウトバストリートメントの使用
  • ヘアドライ、またはブローやアイロン
  • スタイリング

 

これらのことを上手にこなすことで髪の状態は見違えるようになるはず。

 

一つ一つの作業が何に対して有効なのか解説するので、あらためて見ると何か発見があるかもしれません。

洗髪とシャンプー、トリートメントの使用

正しく洗髪することで、髪の毛の立ち上がりとツヤ、ダメージに対してのケアを行うことができます。

 

間違った洗髪の仕方は、頭皮と髪の健康を損なってしまいかねません。

 

頭皮の臭いや、髪の根元のボリュームから毛先までに作用する基本中の基本が洗髪です。ここを改善することで髪の悩みが解決できるかもしれません。

 

ツヤと手触りの向上にはシリコンが一番ですが、蓄積してベタつくことがあるので注意しましょう。

アウトバストリートメントを使用する

アウトバストリートメントは、髪のダメージがなければ使用する必要がないのかというとそうでもありません。

 

アウトバストリートメントは物理的ダメージや紫外線などからも髪の毛を守ってくれるもの。

 

相性の良いものを使用することで髪のまとまりやツヤを向上できます。

 

つけすぎはサラサラを通り越してベタつくので注意しましょう。

 

おすすめのアウトバストリートメントはこちらの記事で紹介しています:洗い流さないトリートメント、サロンでも人気の専売アイテム8選

ヘアドライまたはブロー、アイロンを使用する

上記まではヘアケアの部類でしたが、ここからはスタイリング。

 

髪の毛をサラサラにするためには、ヘアケアよりも髪に熱を当てることが一番効果的です。

 

髪は一度濡らすとドライヤーなどで乾かす必要があります。

 

たまにドライヤーで乾かすと髪が痛むという間違った知識を持っている人もいますが、髪を乾かすことは非常に大切。

 

見栄えを良くするだけでなく、ツヤやハリを向上させたりキューティクルを閉じることで本来の髪の毛のポテンシャルを引き出すことができます。

 

ドライは当然必要なことであり、ブローやアイロンといった熱処理を加えることでさらにサラサラの髪に生まれ変わり、スタイリングも持続します。

 

ヘアケア剤はオイルで手触り良く髪がサラサラになりますが、熱はキューティクルを引き締めるので物理的にサラサラになるという仕組みです。

 

アイロンは少しづつ髪を傷めていく行程なので、必ずアウトバストリートメントを使用しましょう。

スタイリング

スタイリングは、最後の締めの行程です。

 

軽く質感を整えたり、ブローした髪の形をホールドするための一手間。

 

ここでスタイリング剤に依存したやり方をしてしまうと、ナチュラルさを損ねたりスタイリングが持続しなかったりします。

 

そのようなことで悩んでいる場合は、手前のドライヤーやブローなどから見直して見ると解決に繋がるかもしれません。

まとめ

髪は日頃から時間をかけたりお金を投じることによって結果もついてくるもの。

 

正しく自分に合ったケアやスタイリングをすることであなたの美しさもサラサラに向上するはず。

 

とても基本的な記事の内容ですが、もう一度見直してみては如何でしょう?

 

以上、「髪の毛をサラサラにする方法!〜毎日のお手入れに」でした。

スポンサードリンク