突然円形脱毛症になってしまった!どうしよう⁉︎

 

今まであったところに髪の毛が無くなってしまうと誰だって不安になりますよね?女性だったらなおさら不安になるかもしれません。

 

円形脱毛は男女に関係なく発症してしまう髪が部分的に脱毛してしまう症状ですが、男性型の薄毛と違っていろいろな特徴があります。

 

きっと治る病気なので安心してください。

 

ということで、今回は円形脱毛症が治る期間などのお話です。

スポンサーリンク





円形脱毛症

円形脱毛症は部分的に髪の毛が抜けてしまう症状です。

 

頭部のどこかの、とある部分に集中して髪の毛が抜けてしまったら円形脱毛症かもしれません。

 

脱毛の範囲の直径は2~3mmのものから大きいもので数センチまで及びます。美容師の私から見て一番大きいものでは5cmを超えるものでした。

 

ちなみに男性の頭部のテッペンが薄くなってしまうのは別の症状かもしれませんが、急激に小さな部分だけが脱毛する場合は円形脱毛症も疑わしいです。

脱毛から自然治癒までの期間

円形脱毛の脱毛のスピードは急ピッチで抜けていき、一度は患部がツルツルになるまで脱毛します。

 

その後2~3か月すると、今までおとなしくしていた髪の毛が雑草のように一斉に生えてくるというのが、一般的な円形脱毛症の自然治癒の流れ。

 

本当に雑草のようにまとめて生えてくるので、場所によっては髪の毛がボサボサ飛び出てしまうかもしれません。ちょっと恥ずかしいけど数ヶ月の辛抱です。

 

脱毛から自然治癒するまでの期間はざっと見積もって3ヶ月前後かと思います。

たまに広がることも

たまに治る前に円形脱毛症が広がってしまったり、別のところが脱毛してしまうパターンも何度か目にしてきました。

 

そういう時は、脱毛する箇所の頭皮の色が変色して見えることがあります。おそらく患部の毛根の代謝がうまくいっていないというのが原因だと思います。

病院へ行く必要性

正直なところ、病院へ通ったからといって劇的に改善された例は見たことがありません。

 

ですが、円形脱毛症は体の疲れや精神的なストレスが原因ではないかと言われているので、病院に通院することで精神的な安心を得られると思います。不安がある方は病院に行くべきです。塗り薬などを処方してくれるでしょう。

 

どちらにしても2~3か月ほどは治るまで時間を見る必要があります。

 

病院へ通っても円形脱毛症が治る期間の実感としては自然治癒のスピードとさほど変わりません。

円形脱毛症は体質が関係している?

円形脱毛症は、発症しやすい人が繰り返し発症するパターンを多く見かけます。

 

つまり、円形脱毛症になりやすい人がいるということ。

 

筆者である私は、疲れやストレスが肌に表面化しやすい体質です。それと同じように、ストレスで熱が出る人や胃にくる人もいるでしょう。

 

断定はできませんが、それと同じように体からの何らかのSOS信号が頭皮に現れるのが円形脱毛症になりやすい人なのではないかと考えています。

 

円形脱毛症は医者でも完全には治せない疾患ですから謎が多いようです。でも、きちんと治る疾患ですので焦らずに対処していきましょう。

円形脱毛症には食べ物も関係している?

円形脱毛症には食べ物も関係しているという噂を耳にしますが、極端に栄養が偏っていたり無理なダイエットなどをしていなければ大きく関係しているようには思えません。

 

その根拠として、円形脱毛が発症しても自然治癒するまでの期間に大きな違いはなく、すぐに治る人や1年以上も長引くなどの個人差はあまりないように思うからです。

 

食生活が悪ければ長引くかもしれませんが、適度に食べるものを食べていれば一定の期間で治る病気だと思います。

 

以上、「女性の円形脱毛症の自然治癒はどれくらいの期間で治るの?」でした。

スポンサードリンク