髪の毛が痛みすぎて緑色に?

 

緑ではなく赤とかだったらまだマシですが、緑色は日本人の肌に馴染まないので血色が悪く見えてしまいがちです。

 

最近ではそんなことは少なくなりましたが、ブリーチをしている人にはそんなに関係のない話でもありません。

 

とくに最近はハイトーンのくすんだカラーが流行っているので、同じような悩みを抱えている人も以前より増えているようですね。

 

ということで今回は髪の毛の色が緑色になってしまったときのお話。

スポンサーリンク





髪の毛が傷みすぎて緑色に?

ヘアカラーをした時に大失敗の例として、髪の毛が緑色になってしまうことがあります。

 

なぜそんなことになってしまうのかというと、ヘアカラーの色の分子の大きさが色素によって違うことが原因で色落ちのスピードに差が出てしまい、結果的に変色して緑色になってしまいます。

 

ハイダメージ毛はブルーの色が髪の毛に定着してしまいやすく、赤い色は先に落ちてしまいます。赤い色が髪に残っているうちは茶色い色をしていて、それが先に落ちてしまったら髪の毛が緑色になってしまいます。

 

最近では美容室でのヘアカラーでこの手の事故はほとんど見かけなくなりましたが、最近のブルージュなどのカラーが色落ちすると緑色になってしまうことは少なくありません。

 

ブリーチをして黄色くなった髪にブルー系のアッシュを入れると、緑色になりやすいので注意しましょう。

対処の仕方としては美容室に行くべき

もしも緑色になってしまったら迷わず美容室へと行きましょう。

 

この時点で髪の毛が素人では手に負えない状態になっていることが多いのが理由です。

 

髪の毛に入りすぎた青い色素をどうにかしなければいけませんし、もう一度青ではない色素を定着させなくてはなりません。しかも髪が緑色になるケースのほとんどはハイダメージ毛です。

 

施術した後もカラーの色持ちはとても悪いので、改善までにはしばらくかかることもあります。

 

自分でセルフカラーをしてしまうと、思わぬ色になってしまう可能性が高いのでくれぐれも注意しましょう。

 

ブラウン系の色をのせると自然な色味に改善できると思います。それでもすぐに色が落ちて緑色になるようでは、ヘアカラー以外の対策が必要かもしれません。

 

以上、「髪の毛が痛みすぎて緑色に?どうしてそうなるの?」でした。

スポンサードリンク