髪の毛に色を定着させるヘアカラー。

 

ヘアカラーと言っても種類や特徴で大きく異なり、軽い気持ちでやってみたものの後を引きずるような残念な結果になってしまうこともあります。

 

ヘアカラーは一度施術すると簡単には落とせないのが共通した特徴でもあるので、知らない人はザックリでも知っておきましょう。

 

ということで今回はヘアカラーの種類や特徴のお話です。

スポンサーリンク





ヘアカラーの種類と特徴

細く分けると色々ありますが、大きく分けると3種類に大別されます。

 

以下で簡単に解説していきます。

アルカリカラー(酸化染毛剤)

ヘアカラーチャートの画像

一般的にヘアカラー剤として一番多く使用されています。そして一番刺激の強い残念な側面も。俗に言うお洒落染めや白髪染めもアルカリカラーで施術することが多いです。

 

髪の色を明るくするのと同時進行で髪の内部に色素が入り込み、酸化結合によって発色し定着するというメカニズム。酸化結合する前は色が発色しないので白色のクリームであることが多いのが特徴的です。

 

髪の色を明るくするときは、ほぼ全部アルカリカラーだと思ってください。

アルカリはトーンを操れる唯一のヘアカラー

アルカリカラーの特徴として重要なことは、トーン(色の明るさ)を明るくすることができるという点。他のカラー剤では暗くはできても明るくできません。

 

アルカリカラーはトーンを明るくすることも暗くすることもできる唯一のカラー。だから一番使用されているわけです。

酸性カラー(直接染毛剤)

酸性カラーは直接染毛剤とも言われ、直接染料というすでに発色している色素をそのまま髪に定着させるので、はじめからカラー剤の色が鮮明です。

 

一般的にヘアマニキュアなどがオーソドックスな酸性カラーです。アルカリカラーができない人は白髪染めに使用されることもあります。

 

最大の特徴はカラー剤の中で一番ビビットな色彩を表現できる点。つまり、派手なカラーリングをしたい人にオススメ。

 

髪へのダメージもほぼなく、髪を守る意味でのトリートメント効果も期待できるカラー剤。頭皮などに付着したらなかなかとれません

 

最近では、ヘアバターやマニックパニックというマニキュアに近い染毛剤が人気です。

 

ヘアマニキュアのやり方はこちらの記事で解説しているので参考にしてください:ヘアマニキュアを自分で染める!事前準備ややり方の話

ヘアバターやマニックパニック

ヘアマニキュアよりも頭皮に付着したときのリスクが少ないのでセルフでの施術が話題になっている染毛剤です。

 

マニキュア並みの発色と扱いやすさが人気のポイント。洗うたびに色が落ちるので維持するための努力も必要になってきます。

 

ちなみに、白髪染めには向いていません。

ボタニカルカラー(ヘナ、ハーブなど)

ボタニカルカラーという商標のカラー剤もあるのですが、ここでいうボタニカルカラーとは植物染めのこと

 

一般的には、粉末にされたヘナやハーブの粉を水で溶いてベタベタと塗り込む施術をします。

 

最大の特徴は、地球環境と体の健康に対して優しいことと、トリートメント効果や髪のハリコシの強化という健康的な面に特化している点。

 

ただし色の染まりは弱く、白髪染めに使用されることが多い割には白髪のカバー力に対して乏しいのが難点。

 

色の鮮やかさもヘアカラーの中で一番劣っています。

 

一部のユーザーには絶大な支持を誇るカラー剤。

特殊なカラーは?

メッシュなど、一部分にだけヘアカラーを施す特殊なカラーも上記したヘアカラー剤を使用します。

 

ウィービングやバレイアージュなど施術方法によって呼び方が違ってきますが、使うカラー剤は同じです。

 

美容室に行ってそれらを注文するときは、ヘタに専門用語を使わずにビジュアルを提示するなどイメージで伝えたほうが失敗がありません。

 

以上、「ヘアカラーの種類と特徴をザックリと解説」でした。

スポンサードリンク