白髪についての原因については業界でもイマイチはっきりわかっていません。

 

老化という一言で片付けられていますが、若白髪に悩んでいる人も少なくない現状。

 

周りの人の髪は黒いのに、自分だけ白髪があるとそれだけで精神的に辛いですよね?ここでは若白髪について記述していくので、少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク





若白髪の原因と対策方法

若白髪と言っても、子供の頃からチラホラ白髪のある人と、20代の早いうちから白髪が生えてくる場合とで意味合いが変わってきます。

原因のほとんどは遺伝

ネットでも色々と書かれていますが、第一の原因は遺伝的なものがほとんどです。

 

親や祖父母に同じような境遇の方がいらっしゃるのではないでしょうか?

子供の若白髪

普通の白髪のメカニズムと違うことは、子供の頃から白髪がある場合はそれ以上増えない傾向が多いということです。

 

普通の大人の白髪の場合は年々増え続けていくのですが、なぜか子供の若白髪は年々増えていきません。だから老化とは違うのです。ただし、他の人と同じように大人になったある地点から白髪は増えていくでしょう。

 

ただし、子供の頃から白髪があったからといって、大人になってからも白髪になるのが早いというわけではありません。

20代の若白髪

20代から白髪が増えてきた場合も、先ほど述べたように遺伝であることがほとんどです。

 

両親や祖父母に何歳から白髪が生えてきて、どのように増えていったのか聞いてみましょう。

 

この場合は、年々白髪が増えていくことが考えられますので対策を視野に入れる必要があります。一番の対処法は染めること。

そのほかの若白髪の原因と言われているもの

白斑で白髪になる

白斑はメラニン色素がうまく定着しない皮膚の病気です。

 

頭皮の一部から束になって白髪が生えてくることが特徴として挙げられます。白髪のある部分の皮膚が白くなっていたら白斑かもしれません。抜きすぎてしまうと頭皮が10円ハゲのようになってしまうのでやめましょう。

ストレスや疲れで白髪になる?

とても稀なことですがストレスや疲れは身体の代謝に異常をきたしてしまうかもしれません。

 

漫画のように突然白髪になってしまった人は見たことがないので、ネット上で囁かれてはいるのですが美容師として見ている限り、実際にはあまり関係がないように思います。

無理なダイエットや栄養不足

無理なダイエットも髪にはよくありません。

 

栄養不足は髪の健康を損ねてしまいます。症状のほとんどは髪が細くなってしまったり、パサパサになることが多く、もしも白髪になるほどの栄養不足とは余程に深刻なことです。

 

運動や多少のダイエットは美容にとても良いことなのでオススメできますが過剰なダイエットはやめましょう。

睡眠不足で白髪に?

成長ホルモンが分泌されるのは夜の22時〜2時がゴールデンタイム。

 

これも髪の伸びや、健康面に懸念されることですので、白髪とはそこまで結びつく要素ではありませんが、気にされた方が健康な髪の毛が生えてきます。

気になる人は染めるべし!

ネットでの情報によると、健康的な生活を送ると白髪にはならないと勘違いしてしまいそうな情報ばかりですが、白髪はそんなに簡単には無くなりません

 

結局のところ、白髪を気にするなら染める以外に対策はないのです。そして白髪を染めることは若さと美を保つためにも必要なこと。

 

白髪は病気ではないので治るとかの問題ではなく、いかに上手に付き合うか?が課題。なぜなら、食事やストレス、睡眠などをしっかりとっても白髪は無くならないからです。

 

若い頃から白髪になってしまったとして、白髪染めをすることには抵抗があることと思います。

 

ですが、今のヘアカラーは進歩しているもので、明るめのトーンでも白髪は染まります。若い頃から白髪染めをしているからといってますます白髪が増えるわけでもないです。

 

他人から見たら白髪染めをしているかどうかなんてわからないものです。白髪染めとおしゃれ染めの差も微々たるものですし、迷わずに染めてしまうことが一番。

 

以上、「若白髪の原因と現実的な対策方法」でした。

スポンサードリンク