床屋っぽいヘアスタイルが流行中の現在。

 

20年ほど前に終わりを告げたかと思われていたバーバースタイルが復活し、グリースやポマードの人気が再燃しています。おそらくそれは今後も続く見込みだと思います。

 

今まではワックスがメンズスタイルの主流でしたが、グリースヤポマードの需要が増えています。

 

それにしても「グリースって何?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

そんなあなたのために、今回はツルツルでテカテカのスタイリングをしているメンズ達が使っているスタイリング剤であるクールグリースを紹介します。

クールグリースは種類が豊富

クールグリースの種類はスプレー、ジェルを含めるラインナップはなんと16種類。

cool

その使いやすさから、クールグリースはポマードやグリースの入門編のような位置づけにあるので要チェックです。

 

ソフトなグリースからハードなグリース、マットなものからグロッシーなものまで取り揃えています。しかも値段も手頃。

油性と水溶性があるので注意

水溶性のグリースはお湯ですすぐだけでもほとんど落とすことができますが、油性のポマードは簡単には落ちません。

 

ポマード初心者はまずは水溶性のグリースから始めましょう。

人気が高いのはクールグリースG

数あるグリースの中で最も人気があるのはクールグリースGです。雑誌やどこかで見たことありますよね?


程よいセット力と独特なツヤを再現できることと、ハードワックスなどと混ぜて使用することもできる使い勝手の良さなどが人気の秘訣。一つあると便利です。

クールグリースの使い方とオススメの種類

おそらく「グリースは使ったことがない!」という人も少なくないのではないでしょうか?

 

ここではクールグリースの使い方を簡単に説明します。

クシを入れることでツヤが出る

グリースやポマードといえばこんなスタイル。

mens1
引用:www.flickr.com/
男らしくてコンパクトなシルエットがいいですね。

 

クシを通すとさらにギラつきのあるスタイルに変化します。

cool3
引用:http://www.ch-wing.com/

 

こんな感じですね。リーゼント風に仕上げたいときはクシを入れましょう。ちなみにリーゼントスタイルとは、横の髪を潰して後ろに流すスタイルのことを言うんです。トサカの部分がリーゼントだと思われがちですが、実際にはシニョンといいます。

水溶性グリースのヘアスタイルの持続性

クールグリースGなど弱めの水溶性グリースだけでスタイリングしてしまうと、立ち上がりなどスタイルの持続性はあまりよくありません。

 

ハードワックスと混ぜて使用したり、一番強いとされるクックグリースをベースにワックスを混ぜるなど、少し慣れが必要です。

 

グリース:ワックスを2:1くらいの割合で混ぜると、クールグリースの良さを生かしたスタイリングができると思います。

 

個人的にはクールグリースGかクックグリースをベースにすることがオススメです。柔らかい質感でいきたいならクールグリースG。

 

ガッチリ髪を立たせるようなスタイルを望むならクックグリースが良いと思います。

携帯用に87gのサイズも追加されました。

 

クックグリースも単品での使用ではトップが潰れやすいので、ハードワックスを混ぜて使用しましょう。

追記:クールグリースに新しい種類が

クールグリースに新しいラインナップが増えました!さらに種類が増えたということですね。

 

CとVというラインが増えたのですが、長くなるので詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね。

クールグリースのラインナップにCとVが追加!今作は甘く大人っぽい香りが魅力

ギラつきを抑えるには?

「グリースの質感は好きだけどギラつきすぎじゃない?」といった具合にテカテカした艶が好きではない人は、クールグリースシリーズのコンクリートを少し混ぜると良いと思います。

 

コンクリートはマットな質感なのでギラギラした艶を抑えてくれるので1個あると便利かもしれません。


コンクリートはかなり強力なので30gのサイズ。でもしっかり仕事をしてくれます。

 

ただしコンクリートは油性なので髪に残留しやすいため、しっかりした洗浄力のシャンプーを使いましょう。

グリースが落ちにくいときは?

クールグリースを使っていて「シャンプーをしてもグリースが髪に残っている気がする」ということもあるかと思います。

 

それはグリースに限らずスタイリング剤の種類によってはよくあることです。

 

髪に残留したスタイリング剤を落とすにはコツがあり、他の記事で紹介しているので参考にしてください。

ワックスやスプレーが髪に残るときの落とし方や対処法

これから益々需要が増える床屋スタイル

男性諸君の立場が弱くなってしまったと今れている現在。その反動からなのか男らしいヘアスタイルの流行には歯止めが利きません。バーバースタイルは今後益々、流行っていくと考えています。

 

そんな男らしい男性にはクールグリースがオススメです。まだ使ったことのない人は是非お試しあれ。

 

以上、「男を上げるスタイリング剤クールグリースの種類と使い方」でした。