日本人女性のほとんどが一度はしたことのあるヘアカラー。

 

実際には自宅でセルフカラーをしている方が多いのですが、ここでは自宅で市販のセルフカラーと美容室でのサロンカラーのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

自宅で市販のカラーを使用か、美容室へ行こうか迷っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク





市販のセルフカラー

市販カラーのメリット

時間をとらない

美容室まで行く道のりと滞在時間を考えたら、大幅に時間をカットすることができるので魅力的。基本は美容室に行くけど、時間がない時は自分でするという人も少なくありません。

 

とくに気になった部分(生え際や頭頂部)の部分染めなんかは手軽にできてしまいます。

価格が安い

ドラッグストアで市販されているヘアカラー剤は数百円〜ありますが、美容室では数千円〜というように桁が一つ変わってしまいます。

 

ヘアカラーが2千円台からやっている店舗もあるのでそちらの方を試してみるのも良いのではないでしょうか?

美容室に行く煩わしさがない

美容室が嫌いだと思う方も多いと聞いたことがあります。本当は上手い人にやってもらいたいけど美容室へ行くのは疲れるというのが大部分を占めています。

 

良い美容室や担当者に出会えれば、そんな疲れも軽減されるはずです。

市販カラーのデメリット

家が汚れる

ヘアカラー剤はクリームや泡なので、そこらじゅうに飛び散ってしまいます。またついてしまった色は沈着しまうので注意が必要。

 

施術の際はしっかり対策してから始めましょう。

大失敗することも

しっかりトレーニングを重ねたプロとは違うので、時には取り返しのつかない大失敗をしてしまうこともあるかもしれません。ちなみに、ヘアカラーの失敗は美容室でも完全には直せないことも多いので後悔しか残らないと思います。

 

髪は伸びるのに時間がかかってしまうのでお金を払っても直りません。

美容室でのヘアカラー

サロンカラーのメリット

激安店では流作業が多くなってしまい、どこでも同じ恩恵が得られるとは限りませんがプロならではの違いがそこにはあります。

 

お金を払って済むのなら、迷わず美容室へ行くことがオススメ。

やっぱり技術が違う

自宅での市販のセルフカラーでできることは、シングルカラー(一つの薬品のベタ塗り)が限界ですが、美容室ではメッシュや流行を取り入れた提案があるので、経験によって裏付けされた技術が期待できます。

 

流行しているグラデーションカラーやビビットなカラーをやりたい人は、失敗したら大変なので美容室へ行くことをオススメします。

根拠のある提案

流行色を取り入れたり季節のカラーなど、根拠のある提案で迷うことなく導いてくれるのがプロというもの。

 

ある程度任せておいても納得いく仕上がりになることは魅力です。

最小限に抑えられたヘアダメージ

ヘアカラーは薬品を塗る過程でもダメージしてしまいますが、美容室では塗り方や放置時間、薬品のチョイスまで気をつかわれているのでダメージを最小限に抑えることができます。

 

髪は痛んでしまったら治らないので、重要なファクターといえるしょう。

薬品の種類の多さ

美容室で用意されている薬品の種類は市販のヘアカラーとは比べものになりません。

 

色の濃度や薬品のパワーをコントロールすることもできるので組み合わせは無限大です。根元と毛先を塗り分けたり事前にトリートメントで保護したり、同じようなことをやっているように見えても全く違うのです。

サロンカラーのデメリット

料金が高い

とくに技術に自信があるサロンになればなるほどプライスも高くなってしまう傾向があります。

 

美容室の激戦区ではない、少し郊外にある店舗の方が料金設定は低く設定されているのでコストが気になる方は郊外で探すと良いかもしれません。

まとめ

こうしてまとめてみると、お金と時間が許すのならば美容室に行かない理由は見当たりません。

 

唯一オススメできるやり方としては、白髪染めの気になっているお客様がいたとして、次に美容室へ行くつなぎとして気になる生え際や頭頂部を市販でしのぐ場合なんかはオススメです。

 

ただし、色を間違えてしまうと大変なので慎重な色選びをしましょう。

 

以上、「髪を染めるなら美容室?それとも自宅でセルフカラー?メリットとデメリット」でした。

スポンサードリンク