薄毛に悩んで髪や頭皮の健康に気をつけるのは良いことですが、高いコストや時間を浪費するよりも、薄毛でも、より印象を良くすることでアイデンティティを引き立てることができます。

 

薄毛でどう自分を見せて良いのかわからない!という男性、ポイントをおさえて男を磨いてみませんか?

スポンサーリンク





基本は短髪

薄毛になってしまうと、気になるあまりにハゲを隠そうとして髪を伸ばしてしまいがち。

 

薄毛になると髪の毛も細くなってしまい、髪を伸ばすとかえってハゲっぽく見えてしまいます。とくに前髪はおろすとスカスカになってしまうので伸ばさず短髪にしておくのが無難です。

 

今は刈り上げ短髪の理髪店でカットしたようなフォルムが流行っているので短く刈り上げてしまうのがオススメです。

 

もし短髪が似合わないと思っても、筋トレをしたり体を鍛えると男性的なヘアスタイルが似合いやすくなると思います。

自信がないなら徐々に短く

今まで頑張って伸ばしていたのにいきなりイメチェンには自信がないという方は徐々に短くしていくと良いと思います。

 

自信を持って自分を変えていきましょう。

まめにカットする

ただ短くカットしても、短いほどヘアスタイルのバランスは崩れるのが早いのでまめにカットしに行きましょう。筆者である私の店でも2~3週間で来店されるお客様も少なくありません。

 

そして、まめにカットされるお客様は仕事ができる傾向にあるので継続して身なりを整えることで周囲の人に好印象を与えることができるのではないでしょうか。

清潔感が絶対

薄毛の髪型で嫌われるのは、長くなった髪が汗や頭皮の脂にくっついてしまいベタベタして見えてしまうことです。

 

上記のポイントをおさえてできるだけ清潔にしておきましょう。

ハイトーン系のカラーで目立たなくする

芸能人でも北野武さんや所ジョージさんのように髪の色をハイトーンにカラーリングすることでも薄毛を目立たなくすることができます。

 

ただし、お洒落に身なりを整えないと周囲からのバッシングにも繋がりますので慎重に検討しましょう。

日焼けをすると目立たない

上記にある髪の色をハイトーンにすることの逆の発想で、肌の色を髪の色に近づける方法です。

 

真っ黒にまで焼く必要はないと思いますが肌の色が黒い方が健康的に見えるので、薄毛にありがちな貧相なイメージを払拭することができます。

健康的に魅せることが大事

短髪にしたり、肌を焼いたり自分には似合わないという意見もあるかもしれませんが、長期的に運動をして体全体から健康的になることで不思議と似合ってくるものです。

 

運動をすれば身体も引き締まり、精神的にも良いですし、見た目から好印象を与えることができます。

まとめ

全てをおさえることは必要はないのですが、女性が自分のメンテナンスに時間とお金を費やすように、男性もある程度の努力をする必要があります。

 

その中で一番大切なのは、髪型を短髪にまめに整えることだと考えています。

 

もっともっとカッコ良くなりたいとう方は、身体を鍛えたり日焼けをしてみたり服装もお洒落にするなど、髪以外のことで補っていけば魅力的な男性になれるのではないでしょうか。

 

以上、「もうハゲだって言わせない!プロが教える薄毛に適した髪型やポイント」でした。

スポンサードリンク