人間誰しもが気になる加齢臭。

 

早い人では20代から臭うようになり、年齢とともに増えていきます。

 

ここでは加齢臭の原因とオススメのケア用品を紹介していきます。

スポンサーリンク





加齢臭の原因と対策

加齢臭の原因

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質。

 

皮脂の酸化、もしくはバクテリアの醗酵によって臭の元になるようです。

 

一度袖を通したシャツを次の日にも着ようとすると襟の裏から臭がしてしまうことがあるのは、こびりついた皮脂が酸化、醗酵してのちに臭の元になったものです。

 

主に首の後ろあたりや背中に集中しているので枕などから臭いがしてしまいます。気になる人は枕の臭をチェックしてみましょう。

加齢臭への対策

分泌された皮脂の時間の経過で臭うようになるので、臭いが出る前に洗い流すことでも対策できます。とくに枕カバーはこまめに取り替えるようにしましょう。

 

耳の後ろも臭いが強くなりがちですが、洗い残しによって臭いが出やすい箇所なので忘れずに洗うようにしましょう。

 

また、食生活でも脂質の摂取をできるだけ少なくすることで体臭を抑えることができます。

 

睡眠不足も代謝のバランスが崩れて皮脂が多く出ることがあるので規則正しい生活をすることで多少は改善できます。

殺菌力の強い石鹸を使用する

恥ずかしながら、筆者である私も体臭が強い自覚があり数年前からサロン専売品である石鹸を使用しています。

 

ティーツリーの成分に殺菌作用があるので臭いを抑制してくれているようです。自分でも実感できているのでオススメしたい加齢臭ケア用品。

 

ポールミッチェルはアメリカの老舗メーカー。昔ちょっと流行ったのですが、今ではあまり見かけなくなりましたが美容室で買うこともできます。これはオススメ。

ポールミッチェル Tツリー (ティーツリー) ボディバー(せっけん)150g

コスパもかなり良し。洗顔とボディ用としてお使いいただけます。ハッカエキスがスーッとするので使い心地や洗浄力は男性向け。

 

以上、「加齢臭の原因と対策。美容室で買える石鹸も効果的」でした。

スポンサードリンク