頭が痒くてフケがポロポロ。。

 

筆者の私も10年ほど前にはそういうことで悩んでいました。

 

今は頭皮にも良いシャンプーを使用しているので原因は解決できたと思います。

 

今回はフケの原因と、フケ対策のシャンプーを紹介します。

スポンサーリンク





フケの原因

フケ症には主に2つのタイプと原因があります。

 

フケは頭皮の角質細胞が新陳代謝されてできる老廃物や垢などが混ざった物質です。

脂性のフケ

脂性のフケはネットリしていて大きめなのが特徴。

 

皮表常在菌のマラセチア・フルフル(真菌)という菌が皮脂を栄養源として繁殖し、それが頭皮を刺激することで頭皮のターンオーバーを短くしてしまい、結果的に角質が異常に増えてしまいフケとなって浮いてきます。

 

頭皮のターンオーバーは通常でしたら28~42日だと言われていますが、それが半分くらいに短くなってしまうこともあります。

脂性のフケの改善方法

脂性のフケの改善方法はマラセチア菌を退治することなので、シャンプーの回数を多くすることと殺菌剤の入ったフケとりシャンプーを使用することで改善できます。

 

殺菌剤の成分は、硝酸ミコナゾールやヂンクピリチオンなどが代表的です。お肌が敏感な人はテストしてから使用しましょう。

脂性のフケ対策シャンプー
コラージュフルフル ネクストシャンプー

皮膚科でも勧められる代表的シャンプー。

 

ミコナゾール硝酸塩などの抗真菌成分を配合しており、殺菌して脂性のフケを抑える働きがあります。

 

コラージュフルフル ネクストシャンプー すっきりさらさらタイプ 400mL (医薬部外品)

しっとりとサラサラの2種類のタイプからも選ぶことができます。

ハーティーハート ティートリーシャンプー

こちらはお肌が弱い人向けのシャンプー。

 

ヤシ油とお酢などが主成分なので、上記のシャンプーよりも頭皮に優しい配合となっています。

 

ハーティーハート ティートリーシャンプー 260ml

ティートゥリー配合なのでデオドラント効果にも期待出来るシャンプーです。

細かいフケと痒み

シャンプー直後から頭皮が痒くなり、かくとポロポロ小さいフケが落ちてくる。。

 

これは、細胞を繋いでいる細胞間脂質のセラミドが少なくなっている状態で、角質の繋がりが悪くなって剝がれ落ちやすくなる症状です。

 

シャンプーするほど角質が剥がれてしまいます。

 

このような症状には、アミノ酸などの洗浄力の弱いシャンプーを使用してシャンプーの回数を減らすことで改善できます。

細かいフケの対策シャンプー

イオニートシャンプー

洗浄力がマイルドで、ミネラルを配合した頭皮改善に役立つシャンプー。筆者の私も10年前から使用しています。

 

やや高めな価格帯ですが、トリートメントが必要ないので逆にリーズナブルな価格です。

 

イオニート エッセンス V シャンプー モイスト 500ml

ネットでも値崩れしていない優秀なシャンプーです。髪にも頭皮にも優しいのでフケを改善しても使い続けて問題ありません。

 

以上、「フケの原因とシャンプーでの対策」でした。

スポンサードリンク