このブログを書いている今は夏真っ盛りなので、日焼けの事が気になってしまいますね。

 

肌に日焼け止めクリームを塗っている方は多いと思いますが、果たして髪の毛はどうでしょう?

 

今回は紫外線が髪の毛に及ぼす影響と対策を解説します。

スポンサーリンク





髪に日焼け止めは必要なの?

5月〜9月までは1年の間でもっとも紫外線が強い時期です。

 

日光を浴びすぎると疲れてしまったり、免疫力が下がるだけでなくシミやソバカスの原因になってしまいます。

 

また一方では、その日光からビタミンDを生成したり殺菌効果も期待できるので全く不必要なものでもありません。

 

では髪の毛にはどのような影響があるのでしょう?

紫外線が髪に及ぼす影響とは

夏になると髪の表面だけ色が抜けてしまって明るくなってしまうことがありますが、それは紫外線の影響が考えられます。

 

なぜそうなるのかというと、髪の毛が紫外線を吸収するとアミノ酸が酸化してしまい、タンパク変性してしまうのが原因のようです。そのタンパク変性というのはいろいろと厄介なんです。

 

また、髪の毛にとって重要なS-S結合が切れてしまいダメージしてしまうことも分かっており、プールや海水浴に行くとさらにダメージが加速してしまいます。

 

まだまだ多くの原因があるようなのですが、一部しか解明されておらず様々な影響が考えられるそうです。

紫外線に対する髪のダメージ対策

髪は伸びて新しくなるので肌に対するほどの紫外線対策はいらないかもしれませんが、1年を通して美しくありたいものですね。

 

髪にもUVカットクリームやスプレーを使用して、日焼け対策をするのが万全だと思います。

UVカットスプレーを使用する

髪の紫外線ダメージの多くは表面に見られます。スプレータイプはお手軽に吹きかけることができるので重宝できるヘアケア剤ですね。

 

スプレーはクリームタイプに比べて軽い仕上がりになるので、自然さを求める方にはオススメできます。

 

資生堂プロフェッショナル デープロテクター UVスプレー 100g

 

こちらはサロン専売のUVスプレー。髪の質感を整えつつ紫外線をカットしてくれて、さらに香りも良いのでオススメです。

アルガンオイル配合の流さないトリートメントを使用する

近年話題になっているアルガンオイルはモロッコ原産のオイルで、その効果はモロッコの強い日差しが証明していますね。

 

アルガンオイルは流さないトリートメントに多く配合されており、髪に色々つけたくないという方はアウトバストリートメント1本で済ませることもできます。

【国内サロン正規品】モロッカンオイル(MOROCCAN OIL) オイルトリートメント100ml(ポンプ付) ノーマルタイプ 洗い流さないヘアトリートメント N-100

 

モロッカンオイルはアルガンオイルをメインに配合したハイブリッドなオイルで、世界中で人気のアウトバストリートメントです。

 

髪のケアとUVケアが一度に実現できるのは嬉しいですね!

 

ジョンマスターオーガニック アルガンオイル 59ml

 

こちらはアルガンオイル100%なので、アレルギーの心配もありませんし身体全体に使用することができます。

 

このようにアウトバストリートメントは髪にまとまりを与えるだけではなく、保護する意味でも重要な役割を果たしてくれます。

 

個人的にはアルガンオイルが好きです。アルガンオイルは他の記事でも解説しているのでこちらの記事を参考にしてください:アルガンオイルが超優秀!潤ツヤ髪が手に入るアウトバストリートメント

日傘や帽子をかぶる

髪にはできるだけ何もつけたくないという人などには、やはり帽子や日傘などが最適です。

 

髪に日焼け止めを軽くスプレーするよりも、ある意味ではこちらの方が効き目があるかもしれません。

 

帽子はなるべくつば広なものがより効果的です。

 

以上、「髪に日焼け止めは必要なの?紫外線ダメージと対策」でした。

スポンサードリンク