スポンサーリンク





毎日行うシャンプーの後に、トリートメンとやコンディショナー(リンス)を使いますよね?

 

テレビCMでは誰もがサラサラ、ツヤツヤの髪に仕上がるように錯覚してしまいますが、それは本当に錯覚です。

 

ここで正しい知識を身につけてより良いヘアケアライフをおくりましょう。

トリートメントとコンディショナーの違い

まず言葉の意味から考えると、トリートメントは手当や治療問いう意味です。

 

対してコンディショナーは髪の調子を整えるということ。少し意味合いが違いますね。実際に内容も結構違います。

トリートメントの効果

トリートメントの意味として手当とか治療だと述べましたが、以前他の記事で書いたように傷んだ髪は元に戻りません。

 

少しでも手触りを良くしたり髪の成分に近いものを定着させて強度を保とうとしたり、髪がこれ以上傷まないように保護することが本来のトリートメントの役割です。

 

もちろんサロンで施術するトリートメントの方が高い効果を得ることができ、ホームケア用の市販トリートメントはユーザーにわかりやすいように手触り重視です。

 

昔はトリートメントは補修成分がほとんどで、外側からリンスでコーティングする必要があったらしいのですが今は必要ありません。

 

今は効果がわかりやすいように過剰な油分やシリコンが配合されているので、トリートメントのほとんどがしっとり重視のアイテムだと思って良いでしょう。

コンディショナーの効果

コンディショナーと言っても定義が難しく、シリコンを含んだトリートメントと変わらないものから、一般的にリンスと呼ばれるものに近いものまであります。

 

今のリンスは髪を保護する意味合いでコーティングをして静電気なども防止します。コンディショナーはリンスのそれに加え油分の調整までを行うアイテムだと解釈しましょう。

 

とくに市販のシャンプーを使用している方は洗浄力が強すぎて髪の油分が抜けてしまうので、必ずトリートメントかコンディショナーをする必要があります。

トリートメントとコンディショナーの使い分け

傾向としてはトリートメントがしっとり系で、コンディショナーの方が軽い質感になっているものが多いのでそのように使い分けることをお勧めします。

 

髪が多い、またはボリュームが出すぎてまとまらない人はトリートメント。

 

髪が少ない、ボリュームが出ないという方はコンディショナーというチョイスがお勧めです。

 

ただしコンディショナーはいい加減なものも多いので、こちらの記事を参考にしてみてください。

プロがオススメするコンディショナー、リンス3選

 

以上、「トリートメントとコンディショナー(リンス)の違いと使い分け」でした。

スポンサードリンク