髪は40代が折り返し地点です。

 

30代に入った頃には20歳頃のようにハリのある髪の毛よりは劣る気もしますが、顕著な変化は40歳頃から始まります。

スポンサーリンク





白髪が増える40代

白髪は30代頃から出やすくなり40代にはさらに増え、その頃には約半数が白髪染めのカラーにシフトする傾向にあります。

 

おしゃれ染めよりも白髪染めの方が若干ダメージしやすいことや染毛剤の性質上、洗髪時に髪が硬くなったように感じることから、これまでと違ったケアが必要になるでしょう。

更年期のホルモンの乱れ

個人差はありますが40代頃からホルモンのバランスが変わり、同時に髪質も変わってくるもの。

 

ホルモンが毛髪に及ぼす影響は大きいようで、ホルモン治療で男性のAGAを治療することだってできてしまうほど。

女性でも髪が薄毛になることも

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの割合が増えてくると同時に毛髪も減少してくることがあります。前髪が減少してきたらその影響かもしれません。

 

いずれも男性ほど少なくなってしまうことは稀ですが、あまりにも症状がひどい場合は医師へ相談してみましょう。

女性の前髪が少なくなる理由

人間の髪にはヘアサイクルというものがあり、自然に抜けた髪の毛根からまた自然に髪が生えて、また抜けるというサイクルを繰り返しています。

 

通常の女性で4~6年ほど髪は伸び続けてから抜けるのですが、前髪だけたった5cmほど伸びて抜けてしまう短いサイクルに変化してしまうことがあるのです。

 

ツルツルに抜けてしまうわけではないのですが、昔みたいにパッツン前髪に出来るほどの毛量がなくスカスカしてしまいます。

変化に合わせたヘアケア

こうしていくつかの変化が重なり、40代に入った頃からピークだった髪の毛の質が折り返してきます。

 

剛毛だと思っていた髪質が細くなり、普通毛になっているかもしれません。

 

ストレートだった髪質がくせ毛になっているかもしれません。

 

こうした変化を感じ始めるのが40代なのです。

 

改めて自分の体の変化を見直して、変化に合わせたヘアケアをしていくことが望ましいでしょう。

作り込むヘアケアから魅せるケアへ

20代の頃はアイロンで巻いたり作り込むヘアスタイルが主流でした。

 

それ以降からはツヤやハリのある美しい髪であることが若く見える秘訣になってきます。

 

いかに髪を傷めずに美しく魅せるかが重要。基礎化粧品にお金をかけることと同じように髪の毛も基礎のケアがとても大切になります。

40代からのシャンプー

洗浄力は弱いものを

代謝も減り皮脂の分泌が少なくなるので、洗浄力が強いものを使う必要がないでしょう。むしろ頭皮に対する刺激が強くマイナスです。

 

基本的にはアミノ酸系のシャンプーを使用して対策しましょう。それ以外の高級アルコール系や石鹸系のシャンプーの使用は控える方が無難です。

シャンプーを毎日しないことも

洗浄力が弱いものを使用するだけではなく、毎日のシャンプーを見直す必要もあるでのではないでしょうか?

 

当然のようにしていたシャンプーですが、代謝が落ちてくると毎日する必要がありません。臭いなどが気になるかもしれませんが、湯シャンで対応することをオススメします。

 

頭皮の臭いは分泌された皮脂が酸化するなどして時間が経過してから発します。湯シャンでも良いので毎日洗っていたら臭いません。

 

湯シャンについては別の記事でも詳しく紹介しているのでそちらをご覧ください。

 

湯シャンのやり方と効果。有効な髪質について

 

人体に対して安全で効果のある商品は得てして高額です。ある意味では湯シャンはコストもかからず安全なことなどからも是非チャレンジしてみてください。

エイジングケア最強のシャンプー

今のところのエイジングケアに最も適していると思われるシャンプーはフルボ酸。

 

髪にボリュームを与えながら髪や頭皮をケアします。

 

フルボ酸シャンプーについてはこちらの記事を参考にしてみてください。
フルボ酸シャンプーでエイジングケア
ただ問題なのはお高い商品であること。その代わり1度使用しただけで髪のボリュームが増したり、弾力のあるしっかりした泡など他のシャンプーとの違いを感じることができるはず。

 

個人差はあるとは思いますが、今まで使ったシャンプーの中では一番エイジングケア向きなシャンプー。

 

以上、「40代は髪の折り返し地点〜更年期や白髪と対策」でした。

スポンサードリンク