女性が一生のうちに経験する一大イベントである出産。

 

その出産が女性の身体に及ぼす影響は、体質の変化などで髪の毛にも及びます。

 

髪質が柔らかくなったり、くせ毛になったり、または抜け毛として現れてくるはず。

 

今回は、産後に見られる薄毛や抜け毛についてまとめてみました。

スポンサーリンク





産後の脱毛や薄毛について

妊娠中は女性ホルモンの分泌が盛んになり、逆に髪の毛が抜けづらくなりますが産後にはそのバランスが変化して脱毛の症状が見られるようになることがあります。

 

ここでは産後の脱毛が起こる期間や、部位についてのお話です。

脱毛する時期

脱毛する時期は一般的に産後6か月以内には始まり、数ヶ月続きます。

 

個体差が多い症状であり、初産のときは脱毛しなくても2人目の出産で脱毛してしまったり、身ごもっている赤ちゃんとの相性で決まるようです。

 

つまり、産後には必ず脱毛が起こるわけではありません。

こめかみ付近の脱毛が中心

多く見られる症状はこめかみ付近の脱毛です。

 

基本的には病院で治療しなくても時間で解決することができると思うので安心してください。出産のために準備された体が元に戻ろうとするギャップとして現れる症状だと思って良いでしょう。

全体的な薄毛

こめかみ付近だけでなく、全体的に脱毛してしまうこともあるようです。その場合は出産のギャップだけではないかもしれないので、念のために病院へ行った方が安心かもしれません。もし、原因が他にあれば対処する必要があります。

 

出産を期に体質が多少変化することも見られるので、髪が細くなってしまったり、くせ毛になってしまうことも多々あるのです。

 

また、母乳で育てる場合は栄養を人一倍取らなくてはならないので、しっかりとした食事が必要です。

 

産後は、ホルモンバランスの変化だけでなく、寝不足や栄養不足に悩まされることもあるのでしっかりした休息も大事です。

 

出産という一大イベントの後の身体ですから、極力しっかりした食事と睡眠で身体を整えましょう。育児で時間がないとは思いますが、健康を取り戻すことで頭皮や髪の毛に栄養が行き渡るはずです。

産後の脱毛の対策方法

産後の脱毛に関して、はっきりとした対策方法はまだありません。

 

あったとしても、薬を摂取すること自体が赤ちゃんの体に有害であることが多く、自然治癒に頼るというのも悪いことではありません。

ほとんどが自然治癒

ほとんどが自然治癒で治るのですが、症状が現れてから半年経っても治る気配がない時などはお医者さんに診てもらった方が安心です。

 

こめかみ付近の脱毛は一斉に髪の毛が生えてくるので、治ったか確認しやすいと思いますが、全体的に髪質が変化してしまった人の治りは遅く感じるかもしれません。

 

育児で忙しいとは思いますが、まずは栄養を考えた食事をとりできるだけ睡眠をとれるように心がけましょう。

ヘアスタイルでカバーする

あまり脱毛があると、前髪のスタイルが気になってしまうと思います。普通に前髪を下ろしてしまうとスカスカになってしまうでしょう。

 

その場合は毛量が少なくても気になりにくいショートバング(短い前髪)にするか、頬骨より下の長めの前髪をキープすることをオススメします

 

治る時に毛が一斉に生えてきて立ち上がってしまうかもしれませんが、数週間は辛抱する必要があります。

 

以上、「産後の抜け毛や薄毛と対策について」でした。

スポンサードリンク